理科の傾向とポイント「大きく分野を分けて取り組め!」

こんにちは。艇学スクール福岡校で学科講師を担当している柿本です。
今日は理科についてお話します。

理科には、大きく分けて生物、化学、物理、地学の4分野があります。
各分野には以下のような単元があります。

〇生物分野
植物、動物、遺伝

〇化学分野
化学変化(化合、分解、還元)、水溶液、イオン

〇物理分野
光、音、力、電気、エネルギー

〇地学分野
火山、地震、地層、気象、天体

過去問を分析してみるとどの分野からも均等に出題されます。
よってニガテ分野を克服しないで受験した場合はそれが致命的になります。
必ずニガテ分野をなくしておきましょう。

また前回の理科は難しくなりました!
単純に用語を覚えたら答えられる問題が減り、
ちゃんと理解していないと解けない問題が多く出題されました。

 

例を挙げると、

夏至の日に地軸の傾きが0度と仮定したとき、北緯32度の地点の南中高度はどうなるか。

この問題を解くためには、南中高度の求め方と地軸の傾きが0度になったときのイメージができないと解けません。

このような問題に対応するためには、

①基礎の用語を暗記する。ただ丸暗記するのではなく、意味を理解して覚える。
わからなければ調べましょう。

②問題集を解く。応用問題は解く必要がありませんが、
基礎、標準の問題をしっかり解きましょう。

沢山の問題集を解くのではなく、同じ問題を繰り返し解いて
1冊の問題集をカンペキにしましょう。

☆勉強のやり方は、短時間でも良いので用語の暗記は必ず毎日しましょう。用語の暗記だけではせいぜい15点中10点くらいしかとれないので、さらなる高得点を取るために問題集などを使って問題を解いてください。それでは頑張ってください!!

福岡校代表土井より
3/14に福岡県公立高校の合格発表がありました!
柿本講師が経営する学習塾「まなびの家」の塾生全員が公立高校を合格しました�


—————————————–

4月からの試験対策セミナー日程はこちら
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

【福岡会場】
4月7日(日)10:00~15:00
5月5日(日)10:00~15:00

【岡山会場】
4月28日(日)12:00~17:00

【大阪会場】
4月29日(月・祝)11:00~16:00

【愛知会場】
4月7日(日)14:00~19:30

5月5日(日)14:00~19:30

【東京会場】

4月14日(日)12:00~17:00

5月12日(日)12:00~17:00

メルマガ・LINE等で受付をいたします。
ご登録下さい。

 

 

 

 

「上体反らしの危険性を知っておこう」

こんにちは!福岡校体力講師の辻です。

今回は上体反らしの危険性についてお伝えします。

 

上体そらしの危険性は、腰痛のリスクがあること。

腰を痛めてしまう危険性があります。

 

受験生の中でも、上体そらしの対策をして痛めてしまった人もいるのではないでしょうか?

腰を痛める理由として、腰を必要以上に反り過ぎた為、痛くなったのです。

 

元々、腰の骨(腰椎)自体、可動域は広くない作りになっています。

簡単言えば、腰の骨は曲がってくれないということです。

 

反らす支点を腰にすると、無理に反らせようとした時点で危険なのです。

曲がらないのに、無理して反らせようとして痛くなってしまったのです。

 

上体反らしの種目は、反らすことではなく、支点も腰ではありません。

 

骨盤を立て上体を起こす感覚が必要です。

支点は、股関節(恥骨)になります。

 

そして、上体そらしは、柔軟性と筋力の両面の要素が含んでいます。

 

柔軟性は腹直筋や腸腰筋の柔らかさ。

筋力は、脊柱起立筋の筋力が必要です。

 

両方の要素が合わさって、上体そらしの高さが出るようになるのです。

 

チェック項目として、両手で反らした時、顎の高さが高い場合は、脊柱起立筋の筋力不足が考えられます。

反らした時、骨盤が起きずに反らしにくい場合は、腹筋と腸腰筋の硬さが強いということです。

 

筋力不足はトレーニングするればOK。

柔軟性不足の場合は、ストレッチをするとOKです。

 

あなた自身がどちらのタイプなのかは、ご自身でわかるはず。

参考にして取り組んでみてください。

 

腰に負荷をかけないように、腰を反らせる意識より骨盤を立てること。

股関節を支点にして、上体を起こす感覚でやってみましょう!


過去のブログを参考に⇒上体そらしを劇的に向上させる10つのヒント【艇学ブログ】
http://urx3.nu/WXeP

 

《PR》

ボートレース浜名湖 2月20日 GI第64回東海地区選手権競走
準優勝戦 第12レースを艇学スクールが冠協賛致しました。

https://www.facebook.com/teigaku.boatracer/videos/2021779141449715/

結果を出すために必要な「+10%の追求」

こんにちは、艇学スクール福岡校のメンタルトレーニング講座を担当している
メンタルコーチの池です。

艇学スクールでは多くの生徒さんがプロアスリートである
ボートレーサーを目指し日々、勉強・トレーニングに励んでいます。

その生徒さんが目指すプロアスリートの世界は
当然、「結果」を評価される世界です。

いくらプロセスが良くても「結果」でなかったら
評価されないシビアな環境に飛び込もうと
しているわけですから生徒さんには
訓練生になる前に出来る限り、
プロとしてふさわしいメンタルスキル、
つまり「結果」を出すための思考や行動習慣を
習得してほしいと考えています。

今日はその「結果」を出すために重要なマインドセットになる
「+10%の追求」を紹介していきたいと思います。


 

オリンピックに出場する日本競泳チームにもアドバイスされた
脳神経外科医で日本大学医学部教授・マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教授を歴任された
林成之先生は、次の興味深い「脳の“クセ”」について話されています。

「人は脳の自己保存のクセが働き、
 物事が90%終わるとそれでよしとして
 自分を甘やかしてしまう」

つまり、私たちの脳は
「だいたい終わった」と思った瞬間に
モチベーションをさげてしまうというのです。

みなさんも思い返すとその経験があると思います。
テスト勉強や夏休みの宿題、仕事の企画書・プレゼン準備など

「ある程度めどがついた」
「ゴールが見えてきた」

そう思った途端に一度休憩などを入れてしまい、
詰めが甘いままそれを提出してしまう。

林先生はオリンピックに出場する日本競泳チームに
次のようなアドバイスをされたそうです。

「途中でゴールをゴールだと思った瞬間に、
 ただの選手になる。
 脳はそろそろゴールだと思うと
 もうかんばらなくていいと判断してしまう。」

つまり、残り10mこそ
「ここからが勝負」というマインドを持つことが
理想の結果を出すために本当に重要になってくるのです。

艇学スクールの生徒にも
上記の内容を「+10%の追求」として
マインドセットしてもらっています。

養成員試験に合格するために必要な
勉強、トレーニング、面接などの能力を
向上させていくために

「これくらいでいいだろう」
「めどがついたから後でやろう」
「90点でいいだろう」

というマインドではなく、
「ここからが勝負」というマインドが
結果につながると確信しています。

受験生の皆さん、この記事をみて改めて
「+10%の追求」を意識してほしいと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

ここからは、試験対策セミナーのご案内です。

☆☆☆☆(東京・福岡・名古屋)127期試験対策セミナー ステップ.3☆☆☆☆

【セミナー名】
127期ボートレーサー試験対策セミナー ステップ.3

【日時】
《福岡会場》3月10日(日)10:00~15:00
《愛知会場》3月10日(日)14:00~19:00
《東京会場》3月17日(日)12:00~17:00

【場所】
《福岡会場》
福岡県筑紫野市針摺西1-7-7関ビル2階
艇学スクール福岡校

《愛知会場》
名古屋市中区丸の内1−15−9 3階

《東京会場》
東京都大田区大森本町1-8-18大岩商会ビル2F
艇学スクール東京校

詳しくはこちらを

https://bit.ly/2UhuNJq

 

《PR》

ボートレース浜名湖 2月20日 GI第64回東海地区選手権競走
準優勝戦 第12レースを艇学スクールが冠協賛致しました。

https://www.facebook.com/teigaku.boatracer/videos/2021779141449715/

127期定期対策セミナー ステップ.3 セミナー案内

こんばんは、
艇学スクール福岡校の土井です。

艇学では、養成所入所試験に向けて定期的(月1回)にセミナーを開催しています。
127期セミナー日程はこちらです。http://teigaku-kyotei.com/seminar/

その一部ですが紹介します。
先ずは、1次試験科目である模擬試験(学科・体力)を行います。※学科についてはDVD講座購入者に限らせて頂きます。
そして、現状の各種目の測定結果から艇学独自の合格診断を行い、合格に向けた目標を定めます。目標に向けての取り組み内容を、その時期とレベルに合わせ指導して行きます。
毎回セミナーへ参加する事で、成長に合わせたメニューを知る事が出来ますし、はじめて参加する方でも、これから1ヶ月の取り組みを決める事も出来るようになっています。

例えば、
学科面では、近年の試験傾向から、ここだけは押さえておきたいポイントを解説し重要点を持ち替えて頂きます。
体力面では、背筋力の測定結果が(128kg)だった場合、
先ず、正しい姿勢が出来ているのかをチェックし、現在持っているパワーを伝えていく為の体の動きを指導します。この段階でも20kgほど向上していく方もいますよ!!
さらに、高い記録を達成するトレーニングとして、〇〇を使ったトレーニング方法などを指導します。
適性面では、動体視力の測定結果が平均を下回った場合、
先ず、視覚機能に問題ないかを確認し、視覚機能向上のためのビジョントレーニングを指導していますが、〇〇を複合的にトレーニングを行い、適性力の向上方法を指導します。

この様に、1,2次試験各種目において効果的なトレーニングの実践を行なっています。
1次試験まで2カ月半程となりました!
どこをどの様に鍛えるのかが重要なキーワードです。

艇学には、これまで蓄積した膨大なデータがあります。
あなたが目指す方向とやるべき事をセミナー等を通じてお伝えする事が出来ます。
先ずは、127期試験対策セミナーへご参加下さい。

それでは、セミナーの詳細と案内をいたします。
——————————————-
【基礎対策セミナー:1次試験編】
(受講料)一般:15,000円、DVD講座購入者:10,000円
(1)学科試験対策講座 (1時間30分)
ボートレーサー試験対策DVD講座正規購入者限定で、学科模擬試験(60問)を実施し、解答の解説と試験傾向と今後の取り組みについて指導いたします。
※非購入者の方は受験できないのでご注意ください。

(2)体力試験対策講座 (2時間)
1次試験体力項目を測定し評価します。その上で個別に合格に向けての目標を設定し、それに向けてのトレーニング方法を実践を交え指導いたします。講座内容につきましては、ステップ1~5において内容を絞って実施いたします。詳しくは下記詳細をご確認下さい。
※お申込みいただければどなたでも参加出来ます。

そして、2次試験を見据えて適性対策セミナーを希望に応してお申込み頂けます。

【追加セミナー:適性試験編】
(受講料)一般:10,000円、DVD講座購入者:5,000円
(1)適性試験対策講座(1時間30分)
2次試験で実施されている適性試験項目の測定を行い評価します。その上で能力向上に向けたトレーニング方法を実践を交え指導いたします。講座内容につきましては、ステップ1~5において項目を絞って実施いたします。
※お申込みいただければどなたでも参加出来ます。

詳しくは下記詳細をご確認下さい。

☆☆☆☆(東京・福岡・名古屋)127期試験対策セミナー ステップ.3☆☆☆☆
【セミナー名】
127期ボートレーサー試験対策セミナー ステップ.3

【日時】
《福岡会場》3月10日(日)10:00~15:00
《愛知会場》3月10日(日)14:00~19:00
《東京会場》3月17日(日)12:00~17:00
※当日は15分前より受付します。時間厳守で遅刻のないようにお願い致します。
※愛知会場は学科模試と解説が12:00~13:30となります。
※東京会場は学科模試と解説が10:00~11:30となります。
※セミナー終了時間は30分程度延長する場合があります。

【場所】
《福岡会場》
福岡県筑紫野市針摺西1-7-7関ビル2階
艇学スクール福岡校

《愛知会場》
名古屋市中区丸の内1−15−9 3階

《東京会場》
東京都大田区大森本町1-8-18大岩商会ビル2F
艇学スクール東京校

【講師】
《福岡会場》
土井雅広(福岡校代表)
辻洋介(福岡校フィジカル講師)
《愛知会場》
松谷秀己(東京校代表)
鑄山和裕(東京校契約フィジカルトレーナー)
《東京会場》
松谷秀己(東京校代表)
岩切誠 (東京校契約フィジカルトレーナー)

【定員】
20名程度《愛知会場》
15名程度《東京会場》
10名程度《福岡会場》
※先着順で定員になりしだい終了致します。申込みが来た順に管理しますので、先着に漏れた受験生は申し訳ありませんが参加できませんのでお早めにお願いします。

【基礎対策セミナー内容】
1次学科模擬試験
学科解説及び試験傾向と取り組み方法
1次体力試験各項目測定と艇学グループ算出の合格診断(過去の成績と比較)
基礎トレーニングの実践と基礎知識の習得
各種目の個別目標設定
体重管理の基礎知識
ボートレーサー試験完全攻略DVD講座について

【追加適性セミナー内容】
2次適性試験項目内容の説明
スポーツビジョン測定と評価
基礎トレーニングの実践と基礎知識の習得

【一般受講料】
25,000円 基礎対策セミナー+追加適性セミナー
15,000円 基礎対策セミナー

★DVD講座正規購入者割引価格★
15,000円 基礎対策セミナー+追加適性セミナー
10,000円 基礎対策セミナー

※申込みフォーム内にある“艇学DVD講座購入状況”にてお知らせください。
※申込み者氏名等よりDVD講座購入履歴を確認致します。
※購入履歴が確認出来ない場合、割引対象外とさせて頂きます。

お支払い方法につきましては、※銀行振込とさせて頂きます。
下記参加申し込みフォームへ必要事項を記入の上、お申込みください。、
参加申込後、自動返信メールで振込先をお知らせします。

【受付方法】
下記、申込みフォームより、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。
《福岡参加申込みフォーム》
https://pro.form-mailer.jp/fms/ffba7aa890356
※会場をご確認下さい!

《東京参加申込みフォーム》
https://pro.form-mailer.jp/fms/83f69756125021
※会場をご確認下さい!

《名古屋参加申込みフォーム》
https://pro.form-mailer.jp/fms/58a5c1c4142450
※会場をご確認下さい!

【注意!!】
携帯電話でのお申込みの方は、ドメイン指定受信拒否を設定されていると、
こちらからのメールを受け取れず予約手続きを進める事が出来ません。
必ず、ドメイン指定解除の上でお申込みをお願いいたします。
またフリーメールをご利用の方は、迷惑メールに入る可能性もありますので、ご注意下さい。

福岡校からの受信の為に teigaku_fukuoka@yahoo.co.jp を受信許可に設定して下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
艇学スクール福岡校のLINE公式アカウントが完成しました!
艇学メルマガ同期配信を含め、東京・福岡校のセミナー案内や対策情報を配信致します。
お友達登録をお願いします。

艇学スクール福岡校〔LINE ID:@xcr7055q〕
公式アカウント お友達追加
http://line.me/ti/p/%40xcr7055q

艇学スクール東京校〔LINE ID:@pis8409e〕
公式アカウント お友達追加
https://line.me/R/ti/p/%40pis8409e

ボートレーサー試験予備校 艇学グループのFacebookページ
よろしければ「いいね!」をぽちっとお願いします!!
https://www.facebook.com/teigaku.boatracer/

以上の内容となります。
127期の新たな挑戦者にお会い出来る事を楽しみにしております。

《PR》
ボートレース浜名湖 2月20日 GI第64回東海地区選手権競走
準優勝戦 第12レースを艇学スクールが冠協賛致しました。
https://www.facebook.com/teigaku.boatracer/videos/2021779141449715/

自己分析が出来ているかどうかで最後は決まる!

こんにちは。艇学スクール福岡校で人物試験対策講師をしている栗原です。
今回は、作文試験と面接試験に必要な自己分析についてお話しします。

ボートレーサー試験の二次・三次試験の対策には、自己分析が不可欠です。
なぜならば、作文を書いたり、面接の場で自分のことを伝えたりするために誰もが自分自身のことを整理整頓しておく必要があるからです。

自分自身の材料(ネタ)がなければ、自分のことについていきなり文章を書いたり、話したりすることはできません。
これまでの受験生の中には、自己分析をしないまま二次・三次試験に臨み、作文を書けなかったり、面接で自分のことを上手く話せなかったたりしたために不合格になった受験生がたくさんいます。
中には、「作文が書けるかどうか心配」「面接で何を話して良いのか分からない」などの理由ために不安になりすぎて、二次試験で力を発揮できなかった受験生もいました。
しかし、苦い思いをした後に自分のやるべきことを考え、次の期を受験する前に自己分析をきちんとやって合格した受験生が多くいるのも事実です。

自己分析で必要なことは、自分らしさを発見することです。
例えば、「負けず嫌い」はどうでしょう?
自分は「負けず嫌いだ」と伝えようとしても、はたしてボートレーサー受験生の中に負けず嫌いでない人がいるでしょうか?
ボートレーサーになるには「負けず嫌い」は必須条件ですから、そこをことさら強調するよりも、もっと自分らしいところを探して自分自身の材料にするべきです。

自分らしさ」を発見するためには、自分の歴史を振り返り、これまでに何を考え、何をやってきたのかを思い出し、専用のノートに書き込んでいくことが大切です(中学校1年生からで構いません)。
アピールポイントありきで(周りの人に合わせたり、格好良い言葉を使ったり、過去の合格者の真似をしたりしてしまって)過去の経験を振り返り、それに自分を当てはめるような方法は取らないでください。こじつけや矛盾だらけになってしまいます。

また、自分の歴史を振り返ったときに、思いや考えだけを優先させるのではなく、経験談や体験談などの事実を優先させてください。
思いや考えだけを伝えるだけでは相手が納得してくれませんので、経験談や体験談を伝えて相手に納得してもらう必要があります。
例えば、「養成所の訓練に耐えられますか?」という質問に対して、「誰にも負けない情熱は人一倍ありますので」や「ボートレーサーになりたいという気持ちは誰にも負けません」と言ってみたところで相手は納得してくれません。
相手に納得してもらうためには、「過去に苦労したことや困難だったこと、悔しくてたまらなかったことなどを、どのようにして乗り越えたのか」という経験談が必要になります。
相手に納得してもらうには事実が大事です。

自己分析をして、自分はどのような人間なのかをまとめてください。


自分の長所や短所は何なのか?
これまでにどのような考えを持って行動し、どのような経験をしてきたのか?
何を考えて現在を生きていて、将来どのようにしたいのか(なりたいのか)?

このようなことをしっかりとまとめ、不安を持ったり心配したりせずに、力が十分発揮できるようにして試験に臨み、作文や面接に活かして合格を勝ち取ってください。

ボートレーサーになるため…
いいえ!
トップアスリートになるためには自己分析が不可欠です !!