「視力が良くても目が良いわけではない!」

こんばんは、艇学スクール福岡校代表の土井です。
私の専門はスポーツビジョントレーニング(視覚機能トレーニング)なんです。
人の情報の90%は目からの情報になります。その目を鍛えることで動体視力を始め脳の活性化・判断力を上げることが出来ます!

ボートレーサーを目指す方は、視力0.8以上を満たしていれば受験資格としては問題ありません。また、レーシック手術等で1.0以上になったからもう大丈夫と安心している方も多いと思います。

「視力がよい」と「見えている」には大きな違いがありますよ!

視力検査は、ランドル環と呼ばれる小さな「C」がどこまで見えたかで測定することが出来ます。0.8以上の視力と測定される方は、普段の生活の中で見えにくいなどとあまり感じないと思います。

しかし、単なる視力検査の良し悪しではなく、目から入った情報を正しく脳で理解し、距離やスピードなどの必要な情報を正確に分析し取り入れる事が出来てはじめて「見えている」という事になります。この様な感覚の事を視覚(ビジョン)と呼びます。

視力よりも、むしろこの視覚能力のほうが重要な事であり、スポーツにおいても大きな影響を与えています。スポーツにおける目の機能を多角的にとらえ研究する機関の調査報告によれば、「スポーツビジョン測定」において、優れたスポーツ選手は優れたスポーツビジョンを持っていると報告されています。

その為、この視覚能力(スポーツビジョン)の一部がボートレーサー適性試験として採用されているのではないでしょうか!

視覚能力(スポーツビジョン)は、個人差が大きい事も特徴ですが、スポーツビジョントレーニングは、米国では60年以上の歴史をもつトレーニングです。様々なツールを使い「眼」をトレーニングするわけですが、【感覚機能・運動機能・情報処理機能】この3つの要素がうまくかみ合って機能する「目」を育てる事で、年齢などに関係なく向上して行くものなのです!
同時に脳機能をトレーニングしている事にも繋がります!

本校では、スポーツビジョントレーニングに取り組んでします!
しかし、それは試験の為ではなく、「視覚→認知→行動」すなわち見て・考えて・実行するというプロセスは、スポーツの場面で常に影響を及ぼしています。これらをトレーニングすることで、スポーツパフォーマンスを高めて行くことが必要だと考えているからです。


だから、艇学スクール生には優秀な選手が多いのかもしれませんね(^^)
あなたがボートレーサーとして活躍する事を目指しているのであれば、次のスポーツビジョントレーニングに取り組んで見てください。

 
〈ナンバータッチトレーニング〉
このトレーニングでは、眼球をしっかり動かすことで、目の筋肉を鍛え、動きのコントロール能力を向上できるだけでなく、広い視野の確保や瞬間的に情報をキャッチする瞬間視など、複合的にスポーツビジョン能力を向上できるトレーニングです。

1)100均一ショップなどで売っているマグネットシートを適当な大きさに切って、数字を書きます。※目安は30程度

2)数字マグネットを張り付ける事が出来る場所(冷蔵庫など)へランダムに並べて下さい。これで準備はOKです。

3)キッチンタイマーやスマホのタイマーを1分にセットしてトレーニングスタート!

4)1から順番に数字を探して指でタッチして行きます。

5)数字を探すときは、顔を動かさずに目を動かすように意識して、出来るだけ広い範囲を眼で捉えることが出来るようにしましょう!

6)1分間にいくつまで探せたかを記録して行って下さい。すべて探せた場合は、数字を増やして行くとレベルアップして行く事になります。


これがナンバータッチトレーニングの基本的なやり方です。
数字の大きさや範囲の広さなどの違いで難易度は変化します。
あなたの目は「見えている」のかどうなのか?
皆さんも1分間でいくつ探せるか挑戦してみて下さい!

「中学生のとき5教科合計100点以下の人が試験で9割正解出来た訳とは!!」

こんにちは。艇学スクール福岡校で学科講師を担当している柿本です。
今回は学生時代にまったく勉強が出来なかった人が、どうやって本番の学科で9割取れるようになったかをお話します。


まず合格するための学力は何によって決まるか知っていますか?
学力向上 = 内容 × 時間 × やる気
学力向上は、上の3つの要素のかけ算で決まります。

内容が試験内容に合っているか
勉強時間は十分に確保できているか
やる気は十分にあるか
学力がどうしても上がらないときは、3つの要素についてチェックすると良いでしょう。

内容について
募集要項には、高校入試程度となっています。よって高校入試向けの問題集を購入して勉強をします。各教科には、必ず出る単元、まったく出ない単元、ときどき出る単元があります。それらを把握した上で勉強します。詳しくは後日のブログでお話します。
☆勉強苦手のA君は、理科・社会については薄い一問一答集を繰り返し繰り返しやって丸暗記しました。それにより、理科社会は得意科目になりました。
時間について
自分がどれだけの時間勉強すれば良いのか。試験までの学習スケジュールを立てて考えましょう。学習スケジュールは定期的に修正してください。
☆A君は艇学の学科スケジュールに合わせて勉強しました。週に1回単元テストがあるので、それで合格点が取れるように勉強しました。一日の勉強時間はおよそ3時間くらいでした。週に1・2日はオフの日を作っていました。
やる気について
やる気をいかに持続させるか。とてもむずかしいことだと思います。図書館に行く、ファミレスなど勉強する場所を選ぶ。また一緒に勉強する友人を作ると良いでしょう。あとは、レースを観戦に行くのもおすすめです。
☆A君は月~金は私の塾で勉強していました。同じようにレーサーを目指す生徒もいました。ほぼ毎日来ていましたので、勉強を習慣化できました。
だれでも学科は時間をかければ必ずできるようなります。
毎日コツコツと頑張ってください。


過去のブログを参考に⇒「頭が悪い」のウソ【艇学ブログ】
https://ameblo.jp/kyouteigoukaku/entry-10749847692.html?frm=theme

「履歴書はあなたを売り込む大切な広告です!」

こんにちは。艇学スクール福岡校で人物試験講師を担当している栗原です。
今回は、履歴書を書くときのポイントについてお話しさせていただきます。

まず大切なのは、履歴書は「自分自身の広告」であることを意識しましょう!
読み手にしっかりとした人物であることを印象付けなければいけませんので、「ただ書類を提出すれば良い」という考え方は捨ててください。

また、履歴書は試験前に一番初めに提出する書類ですが、最後にある面接試験まで使われ、合格した後にはボートレース協会に生涯残るものになるでしょう。ですから、誰に見られても恥ずかしくないような履歴書を書く必要があります。

では、どのようなことに注意すればよいでしょうか?
自分では分かっているつもりでも、なかなかできないことをいくつか挙げておきます。

①文字は心を込めて、丁寧に書きましょう!
文字の上手い下手は関係ありません。また、達筆さも必要ありませんので、丁寧に書くことを心がけてください。
また、誤字脱字にも注意が必要です。漢字や送り仮名は、必ず調べてから書いてください。

②筆記用具は、黒の油性ボールペンか万年筆を使い、書き損じが無いように注意しましょう!
FRIXION BALL(消せるボールペン)は正式な書類には使えませんので使用は避けてください。
また、修正ペン(液)や訂正印も使えませんので、必ず下書きをしてから正式な履歴書に清書するようにしてください。

③フリガナは、漢字の読み方ですから、右寄せや左寄せにせずに漢字の真上に書きましょう!
履歴書全体で、文字の開始位置や余白をそろえるときれいに見えます。
④志望動機は、ボートレースのどこに魅力を感じたのか、ボートレーサーとしてどのように活躍したいのかをしっかりと考えてから書きましょう!
面接試験で必ず質問されるものですから、履歴書の中でもかなり重要な部分になります。

⑤必ず最後に細かく見直しをして、書き漏れが無いかチェックしましょう!
印鑑は書き始める前に押印し、続柄や最寄り駅など書き忘れが無いようにしてください。
以上、簡潔な説明になりますが、「自分自身の広告」ですから、常識的なことを考えて心を込めて書き、自分を売り込んで下さい!
手書きの履歴書から人物像をイメージする採用担当者もいますよ!


過去のブログを参考に⇒ボートレーサー試験の履歴書の書き方【艇学ブログ】
https://ameblo.jp/kyouteigoukaku/entry-10995354902.html?frm=theme

「合格する人は超優秀!?いいえ!ごく普通の体力でも上位1割の成績になれる!」

こんにちは!福岡校体力講師の辻です。

合格している人は超優秀だと思いますか?
体力や筋力が凄くある人だと思いますか?

実は、そうではありません。

体力も筋力も全くない。運動神経もいい方ではない。。。

そんな人でも合格をしています。

実際、部活経験ない人でも合格をしているのです。

ただ、体力や筋力、運動神経がなかったのは、艇学通ってきた初期の頃です。

握力が30㎏前半、、、もしくは、30㎏いかない。。。
背筋力も100㎏前後、、、

前屈も6㎝とか。

上体反らし50㎝前後。。。

垂直40㎝前後。。。

このような記録の人って結構います。
男子ね。

この成績では1次試験はかすりもしません。。。

ここから半年で劇的に成長します。

握力50㎏前後
背筋180㎏前後
垂直60㎝以上
上体反らし70㎝前後
前屈20㎝以上

このような成績になっていきます。

そんなウソやん!って思うかもしれませんが、これは紛れもない現実です。

記録をあげるコツでやっているのでは?と思っていませんか?

コツで上がっていません。

記録が向上した要因は、徹底的な厳しいトレーニングを頑張った成果で記録が向上したのです。

艇学に通っていない人はわからないと思いますけど、めちゃくちゃきついトレーニングをしています。

徹底的な追い込みです。。。



吐き気が出てトイレにこもる人もいます(最近はいませんが、、、)

甲子園常連のバリバリ部活やってた人でも音を上げるくらいの内容です。

それくらいの内容のトレーニングをやっています。

最初の数か月は、記録の向上はそこまでありません。

ただ、4か月越えてきたころから徐々に上がりだします。

そして、試験の時には今ままでのベストをたたき出すのです。

記録の向上は100%です。

だから、体力が普通、いや、普通以下でも、上位1割になれるのです。

信じられますか?

体力が向上していくと同時に、学科、適性、人物、メンタルに取り組む姿勢も変わっていきます。

体力だけでなく、総合的な成長を見込めるのです。

ひとつだけ、事実をお知らせしておきます。

成長の伸び具合は、人によります。
取り組んだ姿勢、頻度によります。

半年で大幅に成長する人もいれば、1年かかる人もいます。

中には数年かかって合格した人もいます。

それは元からある体力や筋力によります。

全く弱い人は、それなりの期間は必要です。

もちろん、半年で合格は目指します。

スクールでの厳しいトレーニングで成長します。

ただ、それを踏まえて日々コツコツ取り組めるかどうか。

そこには、「絶対ボートレーサーになってやる!」という強い気持ち、スクール生同士がライバルで、「あいつには負けられん!」という負けん気。

その相乗効果で大きな成長をします。

ただ単に、体力だけを伸ばしているわけではありません。

プロとしてふさわしい人物の成長を目的としトレーニングに取り組んで頂いております。

ボートレーサー試験は、誰でも合格出来る可能性があります。

その合格をつかむ努力、決意と覚悟が出来るかどうか。

あなたはいかがでしょうか?

「半年で結果を出した人がやっていた事とは?」

こんばんは、艇学スクール福岡校の土井です。

「平均年収約1,600万円。未経験から目指せるプロアスリート。今、夢が動きだす。」:ボートレーサー募集要項より

今日は、未経験からプロとなり、大きな夢に向かって進んでいる、本校出身選手の実例をもとにお話させていただきます。

「やる事がすべて数字となって結果に結びついた!」艇学スクール福岡校出身選手の声

バスケが大好きで、高校の部活でも仲間と一緒に全国大会出場を目標に頑張っていたが、全国大会へ出場する学校はただの憧れの存在に過ぎなかったそうです。
「部活の練習はすごく厳しかった!しかし、全国クラスの学校との試合では、圧倒的な体格や技術面、そして戦術面での力の差を感じました。最後の大会を終えて、本当に勝つ為や技術が身に付く練習は出来ていたのか?明確な目標はあったのだろうか?」
そう感じたそうです。
「そんな時に父から小さな体格でも努力次第で活躍できる、ボートレースの世界の事を教えてもらいました。」
「はじめて観たレースでは、迫力に圧倒されましたが、ボートレーサーは男女も体格差も関係ない!バスケとは違い今からでもプロになれるチャンスはある!そんな事も挑戦してみたいと思った切っ掛けです。」
しかし、ボートレーサーになる為は、30倍近い倍率の試験に合格しなければならないが、具体的に何からはじめればいいのかが分からなかった為、合格実績も多い艇学スクールへの入校を、両親と相談し決断頂きました。

艇学スクールでは、過去の合格者の成績がデータとして残っており、先ずは自分の成績と比べる事が出来きます。半年後の合格に向けての毎月の目標を決め、学力・体力・適性力などすべての項目のトレーニングメニューを組み立てるところから始めます。

そして、計画的に取り組んだ結果、その効果は2ヶ月後直ぐに現れました!

「2ヶ月後の目標を殆どの科目でギリギリではあるが達成できたことが、この後の目標への取り組みに大きな力になった事は間違いないと感じています。」選手本人談
明確な目標があっても、日々計画的に取り組む事が出来なければ決して目標を達成する事は出来ません、この選手の様に取り組む事が出来る事、これが合格に向けてやるべき事です。あなたは出来ますか?

明確な目標とそれを達成させる為の方策が決まれば、あなたも取り組むだけです!
さっそく今日から目標を立ててやってみて下さい!

過去のブログを参考に⇒やる気を保つ脅威の5つの方法【艇学ブログ】
https://ameblo.jp/kyouteigoukaku/entry-10805256146.html