スタートポジションが重要です。

こんにちは!フィジカル福岡の辻です。

 

2月5日は福岡セミナーでした。

この日のセミナーはバーベル等を使用したトレーニングの実践を行いました。

 

受講者の中で、デッドリフトをすると腰が痛くなるという話を聞きました。

 

「どんな方法をしているんだろう?」と、その方法を聞くと、やはり良くない方法を行っていたのです。

 

どんな方法かと言うと、地面からスタートするデッドリフトを行っていました。

 

デッドリフトは、教科書通りに行うと地面から引き上げることが基本となっています。

地面からの位置でスタートすると危険がいっぱい。。。

メリットもほとんどない。

 

ウエイトリフティングをするわけじゃないので、地面からのデッドリフトを行う必要がないのです。

 

私が地面から引き上げる方法をお勧めしない理由を箇条書きにします♪

 

・ケガしやすいポジションだから

・そもそも地面から持つ位置は力が一番弱い位置だから。

・骨盤が後傾しやすく腰へのダメージが大きいから。

・スクワットの姿勢になりやすく、そもそもの目的から大きく外れているから。

・背筋力計は地面近くのポジションで引っ張ることはないから。

 

という感じです。

 

具体的な説明を書き出すと膨大な量になるんで、知りたい人は習いに来てください(笑)

 

艇学の教科書にも記載していますが、デッドリフトは膝近くのポジションからスタートします。

 

セーフティスタンドを使用しています。

 

反復距離は短いですが、筋力強化にはこれで十分です。

 

しかも、高重量を扱うことが出来ます。

 

スクールや個別指導では、男子は120㎏以上、女子は100㎏以上を目指してもらいます。

 

今までの最高記録は、男子205㎏、女子150㎏です。

 

身長が低くて、体重が軽いからそんな重量を持てるはずなんてないと思われがちですが、やれば誰でもここまで成長します。

 

どんどん成長して、成長した姿で養成学校に入って欲しいです。

 

本物の実力を持って、学校に入って欲しいのです。

 

その方が成績もやはり優秀ですし、デビューしてからも強いです。

 

実力者になれるかどうかは、日々の取り組み次第で決まります。

 

本当に強いレーサーになって欲しいので、みんな頑張って!!

 

来月は、3月5日福岡セミナー

 

3月19日、20日は岡山、大阪セミナーで行きますのでお会いしましょう♪

リアルなやまとの話

受験生の皆さん、こんにちは!辻です。

今月から新しい仲間が入りました。

片岡真樹くんです。

これからトレーナーとして、私と一緒に艇学を盛り上げていきます。

片岡君は、元119期訓練生です。

レーサーへの夢は叶いませんでしたが、受験の経験や、やまとでの経験を、受験生の皆さんに少しでも役に立ちたいという熱い気持ちで入ることになりました。

皆さん、どうぞよろしくお願いします!

片岡君は受験生時代、大阪から福岡まで通っていました。

彼は1次試験を8回敗退していて、9回目で意を決して艇学を利用しました。

そして、合格。

この9回目は、ラストチャンスという気持ちで、出来ることは全てやろう!という気持ちだったようです。

初めて私が指導した時は、握力は30㎏前半で、背筋も115㎏という全ての記録が低くて、試験まで間に合うのか心配でした。

そんな状態でも、必死でトレーニングして、日に日に体つきが変わり、記録も劇的に向上しました。

握力は50㎏超え、背筋ももちろん150㎏を軽く超えました。

なにより、腕立てが100回近く(綺麗なフォームで1分間)出来るようになっていたのは、かなりビックリでした。

本気でレーサーになりたい!という気持ち、対策の手を緩めなかったこと、トレーニングをしっかり行ったこと、絶対に合格するという強い気持ちが合格を引き寄せました。

必死で頑張っている姿は今でも鮮明に覚えています。

レーサーになるという夢は叶いませんでしたが、これからトレーナーとして皆さんの合格や夢に向かっての大きな力になって行きます。

皆さん、どうぞよろしくお願い致します。

そして、11月6日は福岡セミナー。

このセミナーで、片岡くんにやまと学校での体重管理の厳しさを語ってもらいました。

リアルなやまとの話は、相当心に響いたと思います。

体重管理はプロとして管理できて当たり前。そんな当たり前のことも出来ない人は、そもそもやまとでもやっていけないということです。

私が言うより、相当響く言葉だったようです。

今後のセミナーやスクールでも、片岡君の経験を生かして、受験生の役に立つことを提供していきます。

体力はケーブルのマシンを使用し、体の連動性を意識したトレーニングを行いました※スクール生対象

学科模擬テスト中♪

今回のセミナーでは面接講師栗原先生の面接対策も行いました。※スクール生対象

自己PRの作り方の基本と話の流れを学んで頂きました。

2次、3次に向けての良い経験になったと思います。

適性の項目はスクール生対象でしたが、最新のマシンを使用しました。ビジョンの秘密兵器です。海外のプロサッカーチームとかが率先して導入しているプロ向けのトレーニングマシンです。

レーサーとしての能力アップに直結する凄い画期的なトレーニングです。

122期の1次試験前のセミナーは全て終了しました。

123期向けのセミナーは12月末からスタートです。

まずは、1次試験突破!!

11月13日の試験を全力で挑み、皆さんの良い結果を沢山聞けることを楽しみにしています!

皆、頑張って!!

残り2か月で劇的に柔軟を向上させるポイント

こんにちは!

艇学東京スクールの川村です。

 

あっという間に122期の試験まで残り2ヶ月となりました。

あなたはしっかり試験に向けて対策出来ているでしょうか??

 

今回は

1次・2次試験を通過するために、非常に重要な柔軟項目の対策についてです。

 

スクールやセミナーで多くの受験生と接していますが、柔軟関係で一番多く質問されるのは

『今から2か月しかないですが、柔軟は上がるのでしょうか??』

です。

 

答えは

「もちろん上がります!」

です。

 

ただ、この2か月間で効果を上げるには

しっかりおさえておきたい大事なポイントがあります。

 

柔軟で悩んでいる受験生に多くみられるのは

 

「柔軟する時間が圧倒的に足りない」

「間違ったフォームで取り組んでしまっている」

 

という問題点です。

 

日常どういうふうに柔軟対策をしているのか?を聞くと

筋肉トレーニングなどの運動前後に数分伸ばす程度だったり、フォームが崩れてポイントの筋肉が

しっかり伸ばされていない場合が多いです。

 

伸ばそうとしている筋肉は

日々あなたの身体を支え、辛い筋力トレーニングにも耐えられる強靭な筋肉ですよね。

それが、たった数分のストレッチでスグに、柔軟性が向上するのは難しいです。

 

柔軟対策で一番大事なポイントは

 

 (1)ちょっと痛いかな?程度まででキープ

 (2)あせらず無理せず、毎日じっくり時間をかけて行う

 (3)正しいフォーム・ゆっくりした呼吸で行う

 

この3点を必ず心がけてください。

 

無理に伸ばしたり、反動をつけて伸ばすのは怪我に繋がるので、絶対にやめて下さい。

ゆっくり呼吸をしながら、ちょっと伸びて痛いかなくらいで十分です!

 

2ヶ月前ですが、焦らず信じて正しいフォームで柔軟に取り組んでみてください。

必ず時間が解決してくれます。

 

もし自分がいま行っているフォームが正しいのか?チェックしたい場合は

艇学の定期セミナーにぜひ参加してください。

私の今までの経験にてらして、きっとあなたに必要なアドバイスをお伝えします。

 

かつてスクールに

どうしても上体反らしが50センチしか上がらない生徒がやって来ました。

試験まで2ヶ月前の話です。

 

どうしても合格したい!との事で、正しいフォームと出来るだけ長く柔軟に時間を割いてと伝えたところ

彼はその日から1日最低でも3時間は柔軟に取り組みました。

 

結果、65センチまで上がり無事に2次に突破したのを今でも覚えています。

今では立派にプロボートレーサーとして頑張ってます。

 

やまと学校の試験に合格し、訓練に耐えプロになれる受験生は

時間がかかっても課題を克服しようとする意思と、ポイントを抑えた正しい努力を惜しまない意識の高さが感じられる人が多いです。

 

正しい柔軟フォームや、他の試験項目対策についても相談アドバイスを受けるには

ぜひ艇学の定期セミナーに参加されることをお勧めします。

 

メルマガ登録していれば案内メールが来ます。

 

初受験の方や、今までセミナーに参加していない方でも大歓迎します。

ぜひセミナーに参加して、疑問や不安を相談してください!

 

残り2ヶ月、共に頑張って合格を勝ち取りましょう!!!

トレーニングするだけでは足りないもの

皆さん、こんにちは!体力担当の辻です。

もう9月ですね!

試験まで2か月ちょっと。あっという間です。

11月や12月にちょっとだけ厚い封筒が届くように頑張っていきましょう!

 

トレーニングして鍛えたら記録があがって合格率が高まる。

だから、しっかりトレーニングをしている。

 

大半の人がそう考えていると思います。

 

トレーニングの本質は力をつけることです。ここは皆出来ていると思います。

 

しかし、圧倒的に足りないことがあるんです。

 

それは、「体の使い方」です。

 

8月28日の福岡セミナーでは、この体の使い方を少しだけお伝えしました。

 

体の使い方については、たぶん、あんまりピンとこないと思います。

ただ、非常に重要な項目なことなので今回お伝えしたいと思います。

 

どのように力を伝達させるのか?

 

自身が持っている100%の力をどこにどのように伝えるのか?

 

この辺って考えたことありますか?

 

多くの人は器具をどのように扱えば、記録が上がるのかを気にしていますし、模索しているように思えます。

 

『器具にフォーカスし過ぎている』

 

器具に慣れれば何とかなると思うことが、実は落とし穴なのです。

 

器具に対しての体の使い方ってあります。

 

この方法は次のセミナーでお伝えする予定にしていますので、お時間が合う方は参加して下さい。

 

体の使い方が上手になるには、正しいトレーニングをすることです。

 

正しいフォーム、力の入れ方、力の方向や負荷がかかる方向、重心の位置、関節の角度から可動域、筋肉の感じ方、目線や呼吸など。

 

その上で負荷の設定、セット数、セット間インターバル、種目の選択や順番、トレーニングスケジュールなどを考えないといけません。

 

そして、スクワットやデッドリフトなどは基礎トレーニングです。

 

体の使い方を具体的に進めるには、この基礎が出来た時点での次のステップです。

 

体の連動性、四肢の分離、軸、回転、重心、バランスなど複合的で体全身を見たトレーニングを行います。

 

このトレーニングしている人は、体力の個別で来ている人のみです。ある程度仕上がっている受験生と合格者、選手が取り組んでいます。

 

トレーニングってただ鍛えれば良いというわけではないということをを知ってて欲しいし、トレーニングは「体の使い方を覚えるための学習の場」だと思って取り組むと、トレーニングの質が高まります。

 

今回はとても難しい部分をお伝えしましたが、ここが理解出来れば合格にかなり近くなることでしょう。

 

レーサーになれば、ボートの操縦を一生懸命やると思います。受験生のうちに自分の体を上手に操縦できるようになりませんか?

 

ここが強い選手になれる秘訣かもしれませんし、合格する雰囲気を作り出すものかもしれません。

せっかくきついトレーニングをするなら、良いトレーニングをしていきましょう!

質問の仕方で分かる合格者、不合格者の違い!

受験生の皆さん、こんにちは!フィジカル福岡の辻です。

 

7月24日は福岡セミナーステップ2でした。

 

 

今回も器具を使用したトレーニングの紹介と実践をしました。

ウエイト器具を使用したことのない人もいて、初めて持つバーベルは重そうでした(笑)

 

ウエイトを使用したトレーニングは、今や当たり前になっています。その中で、ウエイトをやっていないと、やはり差が出てしまう・・・。そうなると、合格が遠のくだけですよね。

 

ジムがないという環境や経済的な問題もあるかもしれません。

トレーニングが出来る環境づくりを進めることも、体力の試験対策のひとつです。

 

そうは言うものの、どうしてもない。という人の為にアドバイスです。

 

『トレーニングはアイデア』です。

 

試験の内容は知ってますよね?

 

試験の内容に繋がるためのトレーニングを考えること。この考えるということが非常に大切です。

 

人からやらされるより、自身で考え取り組んだ方が成長の具合も早いでしょう。

 

ただ、デメリットもあります。

 

それは、間違っていると逆効果に。。。

 

ここが非常に難しいところだと思います。

 

自分が考えたトレーニングが正しいのか?このまま進めていいのか?

 

それを知るために艇学を利用する。という使い方は前向きだと思います。

 

自身で考え取り組める力があった方が合格は近いです。与えられっぱなしだと、考える力を失います。

 

なので、スクールでもセミナーでも、自分で考え実践してわからないことは、どんどん質問を持って来て下さい。

 

話はかわりますが、質問の仕方って意識したことはありますか?

 

よくある質問の例をあげますね。

「柔軟性ってどうやったらあがるんですか?」

 

これは、考える力がない人の質問の仕方です。そんなの今や情報は沢山あるし、調べたらいくらでも出てくるものです。艇学のテキストでも紹介しています。

 

上記の質問では、「ストレッチしたら柔軟性あがるよ」で終了です・・・。

 

質問の仕方で、得られる情報が決まるのです。

 

こういう質問はいかがでしょうか?

「太もものストレッチを、1日に○○回、○○秒ずつやってますけど、なかなか柔軟が伸びません。何か問題点はありますか?」

 

具体的な質問だと思いませんか?ポイントが絞られているので、自身が得たい情報を知ることが出来ます。

 

気軽に質問してくれても全然構いません。ただ、質問の仕方を意識すると、対策の質が上がることを覚えておきましょう。

 

脱線しましたが、トレーニングはアイデアです。自身で工夫して取り組んでみて下さいね!

 

次回、福岡でのセミナーは8月28日(日)開催です。

8月のセミナーでは、器具を使用しない自分の体だけで出来るトレーニングの方法をご紹介します。

しっかり動きますので、タオルや着替え、水分をお持ちください。

 

セミナーで得たことを自身で発展させてくれると嬉しいです!♪

 

 

メルマガ登録はこちら→メルマガ登録

 

艇学スクール福岡校のLINE公式アカウントが完成しました!

艇学メルマガ同期配信を含め、福岡校のセミナー案内や対策情報をいち早く配信致します。

お友達登録をお願いします。

 

艇学スクール福岡校〔LINE ID:@xcr7055q〕