Top > 合格指導 > 通学案内

Guidance通学案内

通学案内の特長

週1回定期的に予備校に通って、
ボートレーサー試験の合格を目指します

週1回艇学グループの予備校に通学して、1次試験体力試験、2次試験体力、適性試験の対策を実際の器具で対策でき、
専門の講師の直接指導をすることによって、短期間合格を目指します。

こんな方におすすめです

  • 初受験の方

  • 最短で合格したい方

  • 常に高いモチベーションで
    対策したい方

  • ライバルに
    触発されたい方

おすすめできない方

通学する時間がない方、遠方の方

艇学スクール福岡校

〒818‐0084

福岡県筑紫野市針摺西1-7-7 関ビル2階

TEL:092-555-7442

Mail:fukuoka@teigaku-kyotei.com

対策科目一覧※福岡総合校の場合

1次学科試験 国語、数学、理科、社会
1次体力試験 上体そらし、立位体前屈、握力、背筋力、垂直跳び
2次体力試験 持久走(1500m走)、開脚体前屈、乗艇姿勢、上体起こし、腕立て伏せ、50m走、反復横跳び
2次適性試験 全身反応力、処置判断、手腕作業、運動調整力、速度見越し、横の動体視力、縦の動体視力、深視力、目と手の協応動作、心理判断(IQ・労研・心理的競技能力)

※フィジカル強化指導を希望の方は1・2次体力試験の対策のみのコースです。※ビジョン強化指導を希望の方は2次適性試験の対策のみのコースです。※学科強化指導を希望の方は1次学科試験の対策のみのコースです。※(一部のみ、2次作文試験、3次面接試験)

合格指導プログラム※福岡総合校の場合

■体力試験
基礎トレーニング(基礎力なくして向上なし!)試験項目トレーニング、柔軟性プログラム、弱点克服トレーニング、パワー&スピードトレーニング、コアトレ&インナーマッスルの強化、、体重コントロール、体調管理
■適性試験
実際の試験器具を使った測定及びトレー二ング、眼球運動トレーニング、両眼視機能トレーニング、周辺視野トレーニング、KVA動体視力トレーニング、DVA動体視力トレーニング、深視力トレーニング、手腕作業トレーニング、処置判断トレーニング、全身反応力トレーニング、ステッピングトレーニング
■学科試験
学科模擬問題実力テスト、単元確認テスト、各教科要点指導、家庭学習指導
■人物試験
履歴の書き方指導、自己分析指導、作文の書き方指導

艇学スクール福岡校に通学を希望される方へ

入校受付は、年2回
(4月上旬~6月下旬・10月上旬~12月下旬)募集致します。

■入校資格・諸条件
◆ボートレーサー試験応募資格を満たしている方、願書提出時までに満たす事が出来る方
ボートレーサー試験完全攻略DVD講座をご購入済みの方、入校と同時にご購入頂ける方
■お申し込み手続き方法
入校を検討されている方は、サイト内お問い合わせより「入校のお問い合わせ(福岡校)」をご選択の上、必要事項を記入して送信下さい。担当者よりご連絡を差し上げます。力トレーニング、ステッピングトレーニング
スクール生の募集は年2回(4月上旬~6月下旬、10月上旬~12月下旬)担当者からのメール案内または、艇学メルマガより募集致します。入校お申し込み専用フォームへ必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
  • 料金(税抜価格)
    入会金 30,000円
    施設利用料 60,000円 ※1期分
    受講料 週1回コース 300,000円 ※1期分
    週3回コース 600,000円 ※1期分
  • クラス
    • 水曜日クラス(10:00~15:30)
    • 木曜日クラス(10:00~15:30)
    • 金曜日クラス(10:00~15:30)
    • 土曜日クラス(10:00~15:30)
    • 夜クラス(20:00~22:00)※金・土曜日の2日間の登校となります。

※募集定員は各クラス12名です。 ※週1回コースの方は、入校時に指定したクラスへ継続登校して下さい。 ※週3回コースの方は、希望のクラスへ3回登校して下さい。

■注意事項
ご都合で休まれた場合でも月謝の減額は致しません。
項目別(学科・体力・適性)で補強を希望の場合、個別指導を追加する事が出来ます(費用別途)。

詳しく見る +

閉じる −

代表講師からのメッセージ

  • 2次適性試験 代表講師 土井 雅広

    こんにちは。2次適性試験対策を担当している、土井雅広です。ビジョントレーナーとしての専門分野を活かし、これまで多くのビジョンをトレーニングして参りました。
    ボートレーサーを目指す方へのスポーツビジョントレーニングは、眼の基本的な動作からパフォーマンス向上を目指して行っております。その結果、109期より毎期連続で合格者を輩出して参りました。
    2次試験の適性試験科目で必要なスポーツビジョントレーニングは、試験対策に留まることなく、近年アスリートの多くが、フィジカル・メンタルに続く第三のファクターとして注目する「ビジョン(視覚能力)」をトレーニングし鍛えるということです。またボートレース業界でも最も重要視されるファクターとして養成所においても毎日訓練し専門研究家を招いての研修などを行っています。
    動体視力を鍛える事や周辺視野を広げると行った事は、多少の情報があれども、実際に指導したり検証できる施設は案外ないのが現実です。私自信も効果のあるトレーニング方法や指導方法を日々進化させる為に、検証し大学研究機関との連携を行っております。
    その事から、スポーツビジョントレーニングは、視覚機能の要素を様々な方法で鍛えて行き、より質の高い視覚を得られる事が分かっています。その能力を2次適性試験のパフォーマンスに置き換える為にも、実践的なトレーニングが必要な事は言うまでもありません。
    その設備が福岡校には揃えてあります。2次適性試験に必要なビジョン(視覚能力)を向上させ、合格水準まで対策トレーニングを指導して参ります。

  • 1・2次体力試験 代表講師 辻 洋介

    皆さんこんにちは!辻洋介です。スポーツトレーナーとして、一般の人からアスリートまで多くの方のトレーニング指導を行ってきました。フィジカルの専門家として、皆さんのお役に立てればと思います。
    ボートレーサーを目指す多くの人は、何かしらのスポーツに携わっている人が多いと思います。
    そして、体力に自信がある人も多いでしょう。しかしながら、そのような人でも苦戦するのがボートレーサー試験です。やみくもにトレーニングしても結果に繋がらなければ、それは対策の方法が間違っているという事になります。レーサーを目指す以上、結果が全てであり、そこに拘っていく必要があるでしょう。
    福岡校では、必ず結果に繋がるトレーニングの方法を指導します。単に記録が上がる方法やコツを教えているわけでありません。しっかりトレーニングを行います。それも、とても辛いトレーニングです。中には根をあげる人もいますが、ボートレーサー養成所(旧やまと学校)に比べれば大したことないでしょう。そして、継続して頑張った人が合格をつかんでいます。フィジカルを向上させ、自分自身の基本を底上げしていく、そして、1次試験や2次試験に繋げていき、ボートレーサー養成所(旧やまと学校)やプロのレーサーになった時に生かして欲しいと思っています。合格レベルまで引き上げること自体はそこまで難しくありません。しかし、合格レベルの受験生よりも抜きに出るくらいの能力を高めることも同時に行っていきます。「これくらい体力レベルがあれば大丈夫だろう!」という甘い考えは捨てて、誰よりも1番になることを目指して欲しいですし、そのようになるように指導させて頂きます。

  • 1次学科試験 代表講師 柿本 修

    皆さんこんにちは、1次試験の学科を担当している柿本修です。私は塾講師として20年以上指導しています。現在は、小中学生・高校生向けの学習塾「まなびの家」を経営しております。ボートレーサー学科試験指導も6年目を迎え、これまでの傾向を分析し皆様へ指導いたします。学科で合格ラインまでの点数を取るには、高校入試レベルの問題が解ける学力が必要です。中学生時代に成績が良かった人にとっては簡単かもしれませんが、そうではなかった人にとっては苦戦するのが学科です。問題の傾向と難易度を把握して対策を立て、それに向けた勉強内容を自分で考えるのは難しく、何から手をつけたら良いかわからない人がほとんどだと思います。
    今まで勉強とスポーツどちらに力を入れてきたかと問われれば、スポーツだと答える人がほとんどでしょう。勉強が嫌いで避けてきた人もいるでしょう。しかしこの学科試験を合格しない限り、次のステップにすすめません。ボートレーサーになると腹を決めたなら、勉強から逃げずに努力しなければなりません。私の学科対策授業では、1次試験までの日数を逆算して、何をいつまでやればよいのか 考え計画し、必要な知識を繰り返し勉強することで身につけていきます。毎回記憶に定着したか小テストを行っていきます。わからないところは個別に指導していきます。取り組んだことをしっかり身につけることができたなら合格できると思います。夢に向かって努力するみなさんに会えることを楽しみにしています。

  • 艇学グループ面接 代表講師 栗原 秀昭

    こんにちは。人物試験対策を担当している栗原です。
    企業・官公庁の採用試験で履歴書や作文の添削をしたり、面接官を担当したりしています。また、採用試験で使われる適性検査の判定もやっています。 大学や専門学校で、自己分析や文章対策、面接対策の就職支援活動の講義もやっています。
    これまで関わってきた生徒さん達の多くが言われるのが『作文を書くのが苦手だ』『面接で何を話して良いのか分からない』というものです。確かに作文や面接が得意な人はなかなかいないと思いますが、どちらにも必要なのは自分自身の情報です。また、面接試験で、『自分自身のことだから、その場でなんとか話せるだろう』と高をくくって面接に臨み、何も話せずに失敗した人も多くいます。ですから、作文や面接の対策には『自己分析』をして、自分自身の情報をノートにまとめておく必要があるのです。
    私の指導では、『自己分析』をスムーズに行い、作文や面接で自己アピールするための取り組みをやっています。家に居て一人で考えていても思い出せないことを、会話や質問を通して思い出してもらい、ノートにまとめてもらっています。自分のアピールポイントがいくつも出てくると、自信が持てるようになってきて作文や面接試験にも不安なく立ち向かえます。また、文章を書くときのルールや面接の受け方も知っておくことも大切です。
    『自己分析』はすぐに出来るものではありませんから、学科や体力、適性試験対策と同様に計画的に進めていくことが大切です。試験に合格し、ボートレーサーになって活躍するためにも、福岡校へ入校し早めに対策を始めましょう。皆さんのために、会話を通して情報を引き出し、自信を持って試験に臨めるようにします。

  • 2次適性試験
    代表講師 土井 雅広

    こんにちは。2次適性試験対策を担当している、土井雅広です。ビジョントレーナーとしての専門分野を活かし、これまで多くのビジョンをトレーニングして参りました。
    ボートレーサーを目指す方へのスポーツビジョントレーニングは、眼の基本的な動作からパフォーマンス向上を目指して行っております。その結果、109期より毎期連続で合格者を輩出して参りました。
    2次試験の適性試験科目で必要なスポーツビジョントレーニングは、試験対策に留まることなく、近年アスリートの多くが、フィジカル・メンタルに続く第三のファクターとして注目する「ビジョン(視覚能力)」をトレーニングし鍛えるということです。またボートレース業界でも最も重要視されるファクターとして養成所においても毎日訓練し専門研究家を招いての研修などを行っています。
    動体視力を鍛える事や周辺視野を広げると行った事は、多少の情報があれども、実際に指導したり検証できる施設は案外ないのが現実です。私自信も効果のあるトレーニング方法や指導方法を日々進化させる為に、検証し大学研究機関との連携を行っております。
    その事から、スポーツビジョントレーニングは、視覚機能の要素を様々な方法で鍛えて行き、より質の高い視覚を得られる事が分かっています。その能力を2次適性試験のパフォーマンスに置き換える為にも、実践的なトレーニングが必要な事は言うまでもありません。
    その設備が福岡校には揃えてあります。2次適性試験に必要なビジョン(視覚能力)を向上させ、合格水準まで対策トレーニングを指導して参ります。

    OPEN ▼

    CLOSE ▲

  • 1・2次体力試験
    代表講師 辻 洋介

    皆さんこんにちは!辻洋介です。スポーツトレーナーとして、一般の人からアスリートまで多くの方のトレーニング指導を行ってきました。フィジカルの専門家として、皆さんのお役に立てればと思います。
    ボートレーサーを目指す多くの人は、何かしらのスポーツに携わっている人が多いと思います。
    そして、体力に自信がある人も多いでしょう。しかしながら、そのような人でも苦戦するのがボートレーサー試験です。やみくもにトレーニングしても結果に繋がらなければ、それは対策の方法が間違っているという事になります。レーサーを目指す以上、結果が全てであり、そこに拘っていく必要があるでしょう。
    福岡校では、必ず結果に繋がるトレーニングの方法を指導します。単に記録が上がる方法やコツを教えているわけでありません。しっかりトレーニングを行います。それも、とても辛いトレーニングです。中には根をあげる人もいますが、ボートレーサー養成所(旧やまと学校)に比べれば大したことないでしょう。そして、継続して頑張った人が合格をつかんでいます。フィジカルを向上させ、自分自身の基本を底上げしていく、そして、1次試験や2次試験に繋げていき、ボートレーサー養成所(旧やまと学校)やプロのレーサーになった時に生かして欲しいと思っています。合格レベルまで引き上げること自体はそこまで難しくありません。しかし、合格レベルの受験生よりも抜きに出るくらいの能力を高めることも同時に行っていきます。「これくらい体力レベルがあれば大丈夫だろう!」という甘い考えは捨てて、誰よりも1番になることを目指して欲しいですし、そのようになるように指導させて頂きます。

    OPEN ▼

    CLOSE ▲

  • 1次学科試験
    代表講師 柿本 修

    皆さんこんにちは、1次試験の学科を担当している柿本修です。私は塾講師として20年以上指導しています。現在は、小中学生・高校生向けの学習塾「まなびの家」を経営しております。ボートレーサー学科試験指導も6年目を迎え、これまでの傾向を分析し皆様へ指導いたします。学科で合格ラインまでの点数を取るには、高校入試レベルの問題が解ける学力が必要です。中学生時代に成績が良かった人にとっては簡単かもしれませんが、そうではなかった人にとっては苦戦するのが学科です。問題の傾向と難易度を把握して対策を立て、それに向けた勉強内容を自分で考えるのは難しく、何から手をつけたら良いかわからない人がほとんどだと思います。
    今まで勉強とスポーツどちらに力を入れてきたかと問われれば、スポーツだと答える人がほとんどでしょう。勉強が嫌いで避けてきた人もいるでしょう。しかしこの学科試験を合格しない限り、次のステップにすすめません。ボートレーサーになると腹を決めたなら、勉強から逃げずに努力しなければなりません。私の学科対策授業では、1次試験までの日数を逆算して、何をいつまでやればよいのか 考え計画し、必要な知識を繰り返し勉強することで身につけていきます。毎回記憶に定着したか小テストを行っていきます。わからないところは個別に指導していきます。取り組んだことをしっかり身につけることができたなら合格できると思います。夢に向かって努力するみなさんに会えることを楽しみにしています。

    OPEN ▼

    CLOSE ▲

  • 艇学グループ面接
    代表講師 栗原 秀昭

    こんにちは。人物試験対策を担当している栗原です。
    企業・官公庁の採用試験で履歴書や作文の添削をしたり、面接官を担当したりしています。また、採用試験で使われる適性検査の判定もやっています。 大学や専門学校で、自己分析や文章対策、面接対策の就職支援活動の講義もやっています。
    これまで関わってきた生徒さん達の多くが言われるのが『作文を書くのが苦手だ』『面接で何を話して良いのか分からない』というものです。確かに作文や面接が得意な人はなかなかいないと思いますが、どちらにも必要なのは自分自身の情報です。また、面接試験で、『自分自身のことだから、その場でなんとか話せるだろう』と高をくくって面接に臨み、何も話せずに失敗した人も多くいます。ですから、作文や面接の対策には『自己分析』をして、自分自身の情報をノートにまとめておく必要があるのです。
    私の指導では、『自己分析』をスムーズに行い、作文や面接で自己アピールするための取り組みをやっています。家に居て一人で考えていても思い出せないことを、会話や質問を通して思い出してもらい、ノートにまとめてもらっています。自分のアピールポイントがいくつも出てくると、自信が持てるようになってきて作文や面接試験にも不安なく立ち向かえます。また、文章を書くときのルールや面接の受け方も知っておくことも大切です。
    『自己分析』はすぐに出来るものではありませんから、学科や体力、適性試験対策と同様に計画的に進めていくことが大切です。試験に合格し、ボートレーサーになって活躍するためにも、福岡校へ入校し早めに対策を始めましょう。皆さんのために、会話を通して情報を引き出し、自信を持って試験に臨めるようにします。

    OPEN ▼

    CLOSE ▲

艇学スクール東京校

〒143-0011

東京都大田区大森本町1-8-18 大岩商会ビル2階

TEL:080-4712-4649(スクール代表 松谷携帯)

Mail:tokyo@teigaku-kyotei.com

対策科目一覧※東京校の場合

1次学科試験 国語、数学、理科、社会
1次体力試験 上体そらし、立位体前屈、握力、背筋力、垂直跳び
2次体力試験 持久走(1500m走)、開脚体前屈、乗艇姿勢、上体起こし、腕立て伏せ、50m走、反復横跳び
2次適性試験 全身反応力、処置判断、手腕作業、運動調整力、速度見越し、横の動体視力、縦の動体視力、目と手の協応動作、心理判断(IQ・労研・心理的競技能力)

合格指導プログラム※東京校の場合

■体力試験
基礎トレーニング(基礎力なくして向上なし!)試験項目トレーニング、柔軟性プログラム、弱点克服トレーニング、パワー&スピードトレーニング、コアトレ&インナーマッスルの強化、体重コントロール、体調管理
■適性試験
実際の試験器具を使った測定及びトレー二ング、眼球運動トレーニング、両眼視機能トレーニング、周辺視野トレーニング、KVA動体視力トレーニング、DVA動体視力トレーニング、深視力トレーニング、手腕作業トレーニング、処置判断トレーニング、全身反応力トレーニング、ステッピングトレーニング
■学科試験
学科模擬問題実力テスト、単元確認テスト、各教科要点指導、家庭学習指導

艇学スクール東京校に通学を希望される方へ

入校受付は、年2回
(4月上旬~6月下旬・10月上旬~12月下旬)募集致します。

■入校資格・諸条件
ボートレーサー試験応募資格を満たしている方、願書提出時までに満たす事が出来る方
ボートレーサー試験完全攻略DVD講座をご購入済みの方、入校と同時にご購入頂ける方
■お申し込み手続き方法
入校を検討されている方は、サイト内お問い合わせより「入校のお問い合わせ(福岡校)」をご選択の上、必要事項を記入して送信下さい。担当者よりご連絡を差し上げます。
スクール生の募集は年2回(4月上旬~6月下旬、10月上旬~12月下旬)担当者からのメール案内または、艇学メルマガより募集致します。入校お申し込み専用フォームへ必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
  • 料金(税抜価格)
    入会金 30,000円
    施設利用料 60,000円 ※1期分
    受講料 360,000円※1期分
  • クラス
    • 金曜日クラス(10:00~15:30)
    • 土曜日クラス(16:00~20:30)
    • 体力・学科・ビジョン・作文面接全ての対策指導を行います。【月4回、6ヶ月間】通っていただきます。
      クラス定員は12名です。
■注意事項
休まれた場合、減額払い戻しは致しません。
項目別(学科・体力・適性・作文面接)で補強を希望の場合、補習を受講する事が出来ます(費用別途)。
各クラスの時間ワクはカリキュラムの都合で時間が前後する場合があります。

詳しく見る +

閉じる −

代表講師からのメッセージ

  • 2次適性試験 代表講師 松谷 秀巳

    こんにちは! 艇学スクール東京校の松谷です。私は東京校でビジョントレーニング指導を担当しています。このページを読んでいるあなたは「絶対ボートレーサー試験に合格したい!」「1次試験はもちろん!2次・3次試験も一気に突破したい!」「そのために本当に効果的な対策なら、全力で取り組んでやる!」「 本当に効果的な対策を教えてくれる所があれば、ぜったい聞きにいく!」と思っているはず。
    では「ボートレーサー試験」合格のために、本当に効果的な対策は何でしょうか?
    1次試験を突破してもその後の2次・3次試験を通過しないと合格できません。2次・3次試験で、他のプロスポーツ養成試験と比べても最も厳しいビジョン能力検査(適性試験)を導入しているのが、あなたが受験しようとしている「ボートレーサー試験」です。
    私がこれまで、のべ400人以上の受験生を実地に指導してきた経験上、2次・3次試験対策で最も効果が確認されている対策がビジョントレーニングです。そのため、あなたが「ボートレーサー試験」に合格する対策を真剣に取り組もうとするならビジョントレーニングは絶対かかせない必須の対策となります。
    現在、この日本で実際に数値を上げるビジョントレーニングを指導できる所は限られています。結果・実績を確実に出すトレーニング指導を、本格的に行える指導者は日本に何人もいません。インターネットを検索すると「ビジョントレーニングを指導できます」とうたうページが何件も出てきますね。そのページを注意深く見てください。そうすると「前期のボートレーサー試験で合格者を何名出しました!」という結果を、数字で示しているページは艇学以外は無いという事実があなたも確認できるはずです。
    「ボートレーサー試験」本番で、毎期試験の成績を確実に上げられる指導を行っているのはこの日本で艇学スクールだけです。合格を勝ちとれば、あなたは人生を根底から覆せます!ぜひ艇学スクールでビジョントレーニングを真剣に取り組みあなたの人生を勝利に導いてください!

  • 1次学科試験 講師 太田 秀観

    皆さんこんにちは。
    艇学スクール東京校で1次試験の学科を担当している太田です。
    私はプロ家庭教師・塾講師として10年以上活動し、中学受験から大学医学部受験まで幅広く生徒さんを指導してまいりました。その中で学校の先生から「君にはこの学校は無理だから志望校のランクを下げなさい」と指導された生徒さんや、模試C判定の生徒さんの逆転合格を多く実現しています。
    逆転合格の肝は「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。皆さんご存じの孫子の一節ですね。志望校の入試問題を徹底的に分析し、出題者のクセを見抜き、それに合わせて問題演習をすることで得点を大幅アップさせるのです。
    1次試験の学科は決して難しくありません。勉強が苦手な人もコツコツ勉強すれば合格点を取れる問題です。しかし、勉強が苦手な人は何をどう勉強してよいかわからないという方が多いのも事実でしょう。
    そこで重要になってくるのが、やはり「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。
    東京スクールでは1次試験までに20回の授業がありますが、出題範囲を分析し、その内容が習得できるようにカリキュラムを組んでいます。そしてそれに合わせて学習し、毎回テストを受けてもらいます。このテストは私が学科の過去問を分析し、出題者のクセも考慮して作成したもので、ミニ模試ともいえるものです。実際に「本番で同じ問題が出た」ということもよくあり、そのときの受験生は心の中でガッツポーズだったと思います。
    授業ではテストの解説と共に過去の出題傾向なども話していきます。その中で自分の実力との差を知ることができ、どのレベルまで学習すればよいかが分かってくるので、効率よく学習を進めることができます。だから勉強が苦手なスクール生もグングン実力を伸ばしています。
    ぜひ東京スクールで一緒に学習に取り組み、合格を勝ち取って、ボートレーサーになる夢を叶えましょう!

  • 2次適性試験
    代表講師 松谷 秀巳

    こんにちは! 艇学スクール東京校の松谷です。私は東京校でビジョントレーニング指導を担当しています。このページを読んでいるあなたは「絶対ボートレーサー試験に合格したい!」「1次試験はもちろん!2次・3次試験も一気に突破したい!」「そのために本当に効果的な対策なら、全力で取り組んでやる!」「 本当に効果的な対策を教えてくれる所があれば、ぜったい聞きにいく!」と思っているはず。
    では「ボートレーサー試験」合格のために、本当に効果的な対策は何でしょうか?
    1次試験を突破してもその後の2次・3次試験を通過しないと合格できません。2次・3次試験で、他のプロスポーツ養成試験と比べても最も厳しいビジョン能力検査(適性試験)を導入しているのが、あなたが受験しようとしている「ボートレーサー試験」です。
    私がこれまで、のべ400人以上の受験生を実地に指導してきた経験上、2次・3次試験対策で最も効果が確認されている対策がビジョントレーニングです。そのため、あなたが「ボートレーサー試験」に合格する対策を真剣に取り組もうとするならビジョントレーニングは絶対かかせない必須の対策となります。
    現在、この日本で実際に数値を上げるビジョントレーニングを指導できる所は限られています。結果・実績を確実に出すトレーニング指導を、本格的に行える指導者は日本に何人もいません。インターネットを検索すると「ビジョントレーニングを指導できます」とうたうページが何件も出てきますね。そのページを注意深く見てください。そうすると「前期のボートレーサー試験で合格者を何名出しました!」という結果を、数字で示しているページは艇学以外は無いという事実があなたも確認できるはずです。
    「ボートレーサー試験」本番で、毎期試験の成績を確実に上げられる指導を行っているのはこの日本で艇学スクールだけです。合格を勝ちとれば、あなたは人生を根底から覆せます!ぜひ艇学スクールでビジョントレーニングを真剣に取り組みあなたの人生を勝利に導いてください!

    OPEN ▼

    CLOSE ▲

  • 1次学科試験
    講師 太田 秀観

    皆さんこんにちは。
    艇学スクール東京校で1次試験の学科を担当している太田です。
    私はプロ家庭教師・塾講師として10年以上活動し、中学受験から大学医学部受験まで幅広く生徒さんを指導してまいりました。その中で学校の先生から「君にはこの学校は無理だから志望校のランクを下げなさい」と指導された生徒さんや、模試C判定の生徒さんの逆転合格を多く実現しています。
    逆転合格の肝は「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。皆さんご存じの孫子の一節ですね。志望校の入試問題を徹底的に分析し、出題者のクセを見抜き、それに合わせて問題演習をすることで得点を大幅アップさせるのです。
    1次試験の学科は決して難しくありません。勉強が苦手な人もコツコツ勉強すれば合格点を取れる問題です。しかし、勉強が苦手な人は何をどう勉強してよいかわからないという方が多いのも事実でしょう。
    そこで重要になってくるのが、やはり「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。
    東京スクールでは1次試験までに20回の授業がありますが、出題範囲を分析し、その内容が習得できるようにカリキュラムを組んでいます。そしてそれに合わせて学習し、毎回テストを受けてもらいます。このテストは私が学科の過去問を分析し、出題者のクセも考慮して作成したもので、ミニ模試ともいえるものです。実際に「本番で同じ問題が出た」ということもよくあり、そのときの受験生は心の中でガッツポーズだったと思います。
    授業ではテストの解説と共に過去の出題傾向なども話していきます。その中で自分の実力との差を知ることができ、どのレベルまで学習すればよいかが分かってくるので、効率よく学習を進めることができます。だから勉強が苦手なスクール生もグングン実力を伸ばしています。
    ぜひ東京スクールで一緒に学習に取り組み、合格を勝ち取って、ボートレーサーになる夢を叶えましょう!

    OPEN ▼

    CLOSE ▲

愛知・大阪・その他の地域の方へ

大阪(住之江)・岡山(児島)で期に1~2回、
対策セミナーを開催しております。