Top > お知らせ > 合格者の声 > 122期合格 加藤 優月さん

Informationお知らせ

合格者の声

122期合格 加藤 優月さん

「多くの合格者を輩出しているのが魅力的だった」

私が今回の試験で合格できたのは、艇学の存在が大きかったと思っています。
 艇学を利用する前に、1度2次試験に進みました。そこでの結果は合格にはほど遠い、まさにボロボロでした。体力試験は周りよりはるかに劣り、適性試験では使い方がわからない器具でミスばかり、やったことのないビジョン試験、なのに他の人は結果を出している、不合格よりも自分の力の無さに悔しくなりました。今までと何かを変えたいと思い、利用したのが艇学でした。理由は、手厚く受験生をサポートし、結果として多くの合格者を輩出しているのが魅力的だったからです。私はセミナーでの利用がメインでしたが、1回1回の内容がとても濃く、体力面でのアドバイスや、適性・ビジョン試験の対策など合格するために必要なことを全て補うことができ、自分に力がついていくのがはっきりと体感できました。そして最大の利点だったのは最新の情報を得られることです。  ボートレーサー試験は情報戦だと思います。知っている状態と知らない状態では大きな差が生まれます。対策の時からもそうですが、試験中でも「次は○○だ」「○○が終わったから次は○○だ」と常に準備することで気持ちにゆとりが生まれ、落ちついて取り組むことができます。また、キツイ試験中で唯一落ちつくことができる居室と風呂場で艇学で知り合った人との雑談や、情報交換をしてリラックスやモチベーションを上げることができます。
最後に、もし、今、使おうか迷っているのなら、私は自信を持ってオススメします。悩んでいる時間があるなら行動して下さい。そして自分でやって確かめてみて下さい。

<直筆でもらいました!クリックすると拡大します!>

カテゴリー

アーカイブ