Top > お知らせ > 合格者の声 > 119期合格 新田洋一さん

Informationお知らせ

合格者の声

119期合格 新田洋一さん

「その通りにやっていれば合格へ最短距離で進めること間違いない」

私は、1次試験の約2ヶ月前から対策を始めました。初めは自分なりにいろいろな情報を集めてまず1次試験合格に向けて対策をしていましたが、特に自分は体力には自信があったので、ある程度記録は出せるだろうを思っていました。しかし、艇学のセミナーの存在を知り初めて参加し、体力測定をした時、その時の緊張感や記録の出し方を分かっていなくて自分が思い描いていた結果と全く違う結果だった事をよく覚えています。
それでもセミナーに行き本番と同じように実際に測定することによって記録の出し方やコツをつかむ事ができ、なにより自分の苦手分野を知ることができました。ボートレーサーの採用試験は得意分野を増やすより、苦手分野を減らす事の方が大切になってきます。その中で艇学のセミナーに何回か通い早いうちに自分の弱点を知ることでその弱点を効率良く対策出来たのでとても大きかったと思っています。値段が高いから、会場まで遠いからと思って艇学セミナーに参加することに迷っている人は必ず行って良かったと思えるので、絶対に行ってください。2次試験の適正検査においての機器なども実際に使用できるので、本番の試験で初めてさわる不安もなくなるし、逆に使用できるので、本番の試験で初めてさわる不安もなくなるし、逆に使用している事で自信にもなってくると思います。自分は計3回のセミナーに行きましたが、1回1回のセミナーの内容がとても濃く、とても満足できました。またセミナーのいいところは、次のセミナーの測定までにここを改善するというモチベーションにもなるところがいいと思います。 福岡校の土井さん、辻さんをはじめ艇学の講師の方には本当にお世話になりました。熱く、丁寧なご指導ありがとうございました。 これからの受験生のみなさんに伝えたいことは艇学を活用し、講師の指導をしっかり聞いて、その通りにやっていれば合格へ最短距離で進めること間違いないと思います。自分が受験中ずっと心にとめて対策していた言葉があります、それは「念ずれば花開く」という言葉です。これはただ合格したいと念ずることではなく、念ずるように努力すれば夢がかなうということです。 とにかくボートレーサー試験は自分の「心」「気持ち」次第で変わってくると思います。これから私も自分を信じて努力し続け夢をかなえます。一緒に夢を叶えましょう。

<直筆でもらいました!クリックすると拡大します!>

カテゴリー

アーカイブ