Top > お知らせ > 合格者の声 > 112期合格 渡邉 雄朗さん

Informationお知らせ

合格者の声

112期合格 渡邉 雄朗さん

「今後、艇学に参加することが絶対的条件となってくるでしょう」

これから一気に艇学が浸透していくと思われるため、合格するためには実機でトレーニングができる艇学スクールに参加することが絶対的条件になってくるでしょう。試験の鉄則は、みんながやっていることをやることなので、ここで差をつけられると厳しい。
そうすると、他で差をつけるとすると、体力試験と面接になってくる。体力試験については複数回受験している方の話によると、毎期レベルが上がっているとのことなので、しっかりと日々トレーニングを積む必要がある。
個人的に一番差がつくのは三次試験の面接であると思う。面接はある程度慣れが必要であるため、喋れる人とそうでない人の差が大きく出ると思われる。もちろん闇雲に練習すれば良いというものではなく、まず自分を知ることが大切。実際に試験でされた質問を中心に想定質問に対する回答を用意すること。本番は想定外の質問も当然あるため、想定範囲にある程度答えられるようになったら、事前に用意していない質問をしてもらい、頭を素早く回転させて、答える練習まできれば合格はかなり近づくでしょう。

<直筆でもらいました!クリックすると拡大します!>

カテゴリー

アーカイブ