Top > お知らせ > 受験生のご家族からの声 > 122期合格 荒牧凪沙さんのご両親

Informationお知らせ

受験生のご家族からの声

122期合格 荒牧凪沙さんのご両親

「スクールのトレーナー、講師の方々の適切な指導、アドバイスが十分であった事が子供の話しから伺い取れました」

幼少の頃より、大きくなったらボートの選手になろう!! と言うのが、親子の合い言葉の様なものでした。  保育園であった、将来の夢の発表会でボートレーサーになりますと何の意味も分からず、宣言していた姿を昨日の事の様に思い出します。小学校、中学校、高校と様々なスポーツに触れ、全てはボードレーサーになる為に、と冗談まがいに、半分は本気で語り合った中、高校3年の1学期、子供の方から122期ボートレーサー試験を受けると言ってきました。ついては艇学と言う専門学校に通いたいとの事!色々と考え決断した子供の意見を尊重し賛成はしたものの、私自身の中では、勝負の世界に入ろうとする物が、何、他人に頼ってんだ!!と言う否定的な感情を覚えたものでした。
 ところが、スクールに通い始め、帰宅した子供に、今日はどうだった?と話を繰り返していると、艇覚の良い所がどんどん増えていきます。
具体的には、実際試験に出る、学科、実技、摘性、全て合格ラインの線引きが出来ており、尚且、個々の結果が数値として現れ、弱点を認識し、現状自分がどの程度に位置しているか、確認出来る事です。
 自宅でのトレーニングにも大変役に立ちました。またスクールのトレーナー、講師の方々の適切な指導、アドバイスが十分であった事が子供の話しから伺い取れました。
 トレーナーの方々の実力と、各種専門測定器がマッチした充実したトレーニング環境であるはずです。
 トレーナーの何気ない一言が、どれ程、子供に自信と勇気を写えて下さったか、何度となく感じる事がありました。
 おかげ様で、今回122期試験では合格となり、ボートレーサーとしてのスタート地点に立つ事が出来ました。今後、養成所では、同期仲間と、共に競い合い、共に支え合い本物のスタートが切れる事を期待し、感謝の言葉とさせて頂きます。
トレーナーの皆様、スクール生の皆様、大変お世話になり、ありがとうございます。

<直筆でもらいました!クリックすると拡大します!>

カテゴリー

アーカイブ