数学の傾向とポイント「解けなかった場合の対処法」

こんにちは。艇学スクール福岡校で学科講師を担当している柿本です。
今日は数学についてお話します。

学科がニガテな人が真っ先に取り組むべきものが数学です。
なぜなら点が取れるようになるまでに時間がかかるからです。

☆数学の傾向について
数年前までの数学は難しく、計算も長くて複雑でした。
最近の問題のレベルは、そこまで難しくなくなりました。
しかし、急に傾向が変わり、難しくなることもあるので
準備しすぎることはありません。
まずは、公立高校入試問題の大問1の小問集合くらいが
解ける力を身につけましょう。
そうなれば、合格はグッと近づきます。
逆にいうとそのレベルが解ける力がなければ合格は難しくなります。


☆まずはテキストを選びましょう
テキスト選びのポイントは、
〇1冊で中学校範囲が全て終わる。
〇試験までの残り時間を考えて、終わる量になっている。
〇自分のレベルにあっている。もしくは自分のレベルより少しやさしいものを選ぶ。
〇解説が充実している。

☆重要な出題内容
〇計算
〇方程式
〇確率
〇方程式の文章問題
〇関数
〇図形

☆進め方
上記した出題内容を上から順番にマスターしましょう。
応用問題を解くより、基礎と標準問題を繰り返し解きましょう。
証明問題・作図の問題は除外しても良いでしょう。
試験前は総合問題を解き、穴をなくして試験に臨んでください。

☆最後に
本番はおそらくマークシートの4択問題です。
正攻法で解けなかった場合は、逆算して答えを導く方法も考えておきましょう!


あきらめずがんばってください!

過去のブログを参考に⇒効率の良い勉強方法実践編【艇学ブログ】

https://ameblo.jp/kyouteigoukaku/entry-10746621572.html