リアルなやまとの話

受験生の皆さん、こんにちは!辻です。

今月から新しい仲間が入りました。

片岡真樹くんです。

これからトレーナーとして、私と一緒に艇学を盛り上げていきます。

片岡君は、元119期訓練生です。

レーサーへの夢は叶いませんでしたが、受験の経験や、やまとでの経験を、受験生の皆さんに少しでも役に立ちたいという熱い気持ちで入ることになりました。

皆さん、どうぞよろしくお願いします!

片岡君は受験生時代、大阪から福岡まで通っていました。

彼は1次試験を8回敗退していて、9回目で意を決して艇学を利用しました。

そして、合格。

この9回目は、ラストチャンスという気持ちで、出来ることは全てやろう!という気持ちだったようです。

初めて私が指導した時は、握力は30㎏前半で、背筋も115㎏という全ての記録が低くて、試験まで間に合うのか心配でした。

そんな状態でも、必死でトレーニングして、日に日に体つきが変わり、記録も劇的に向上しました。

握力は50㎏超え、背筋ももちろん150㎏を軽く超えました。

なにより、腕立てが100回近く(綺麗なフォームで1分間)出来るようになっていたのは、かなりビックリでした。

本気でレーサーになりたい!という気持ち、対策の手を緩めなかったこと、トレーニングをしっかり行ったこと、絶対に合格するという強い気持ちが合格を引き寄せました。

必死で頑張っている姿は今でも鮮明に覚えています。

レーサーになるという夢は叶いませんでしたが、これからトレーナーとして皆さんの合格や夢に向かっての大きな力になって行きます。

皆さん、どうぞよろしくお願い致します。

そして、11月6日は福岡セミナー。

このセミナーで、片岡くんにやまと学校での体重管理の厳しさを語ってもらいました。

リアルなやまとの話は、相当心に響いたと思います。

体重管理はプロとして管理できて当たり前。そんな当たり前のことも出来ない人は、そもそもやまとでもやっていけないということです。

私が言うより、相当響く言葉だったようです。

今後のセミナーやスクールでも、片岡君の経験を生かして、受験生の役に立つことを提供していきます。

体力はケーブルのマシンを使用し、体の連動性を意識したトレーニングを行いました※スクール生対象

学科模擬テスト中♪

今回のセミナーでは面接講師栗原先生の面接対策も行いました。※スクール生対象

自己PRの作り方の基本と話の流れを学んで頂きました。

2次、3次に向けての良い経験になったと思います。

適性の項目はスクール生対象でしたが、最新のマシンを使用しました。ビジョンの秘密兵器です。海外のプロサッカーチームとかが率先して導入しているプロ向けのトレーニングマシンです。

レーサーとしての能力アップに直結する凄い画期的なトレーニングです。

122期の1次試験前のセミナーは全て終了しました。

123期向けのセミナーは12月末からスタートです。

まずは、1次試験突破!!

11月13日の試験を全力で挑み、皆さんの良い結果を沢山聞けることを楽しみにしています!

皆、頑張って!!