トレーニングしてもなかなか成果が出なくなった時に抜け出せる方法

艇学スクール東京校の川村です。

 

5月21日は一次試験ですね。

いよいよ残り1か月。順調にトレーニングは進んでいるでしょうか?

 

この時期「トレーニングしているのに数値が伸びない」という悩みが出てきます。特に、握力や背筋力など筋力が必要な種目は、1日ですごく伸びるものではないので、この時期に伸び悩むとカナリあせりますよね。

 

そこで今回は、筋力が必要な種目の数値が伸び悩んだ場合、どのように対処すれば数値を伸ばすことが出来るか解説していきます。

 

まず、多くの人がトレーニングで間違えている事実をお伝えします。

 

その間違いとは、弱点を克服しようとして、毎日休みなく大量にトレーニングをしてしまうことです。残念ながら、筋力は大量にトレーニングすれば強くなるわけではありません。

 

筋肉はトレーニングで筋疲労させて、それが時間をかけて再生していくことで強くなります。再生するために一定の時間をかけて休息することで強くなるのです。それなのに、休みなくトレーニングしてしまうと再生時間が足りなくなってしまいます。それでは筋肉が強くなりません。だから数値が伸びないのです。

 

では、どれくらい休めばよいのでしょうか?それは個人差があります。再生のサイクルが早い人は、毎日トレーニングしても大丈夫。だけどそんな超人は、あまりいません。一般的には1日空けてトレーニングするのが良いと言われていますが、1日で十分回復しない人もいます。そのような人は1日以上休む必要があります。

 

もしあなたが、毎日トレーニングして数値が伸びないと悩んでいるなら、それは筋肉が再生する時間が足りていません。焦る気持ちは分かりますが、思い切って1日か2日トレーニングを休みましょう。

 

まずは自分がどのくらい休む必要があるか把握する必要がありますよね。自分の休息時間を調べる方法を紹介します。1日トレーニングしたら、次の日はトレーニングを休み測定だけしてください。それで数値が上がるようなら、インターバルは1日で大丈夫です。それで数値が上がらないのならその日は休み、次の日に測定してください。2日後数値が上がるようなら、インターバルが2日間必要ということです。

 

この方法は、握力、背筋力ともに有効な手段となります。自分の体を把握して、トレーニングのスケジュールを見直してみましょう。

 

背筋力が伸び悩んでいる場合、他の原因も考えられます。

 

その原因とは、腰周辺を傷めている可能性があるということです。腰周辺を傷めていたり、筋肉が固くなったりしている場合、数値は伸び悩んでしまいます。

 

腰痛や筋肉痛がある場合、トレーニングを重ねる事よりも痛みを取り除くことが先決です。痛みを取り除くために有効な手段はストレッチです。もし腰回りに痛みがあるのなら、腰回りや下半身のストレッチを行い、痛みを取り除くよう努めましょう。

 

また、トレーニングで腰回りを傷めないようにする必要があります。そのためにも、筋トレした後は、必ずストレッチを行うようにしてください。

最低でも筋トレの時間の2倍以上、ストレッチに時間をかけたいです。また痛みが残っていると感じる場合、筋トレは休むようにしましょう。

 

残り1か月、アセる気持ちは分かりますが、痛みを引きずったり無理なスケジュールでトレーニングを行ったりしても、数字はなかなか上がりません。それよりも、この1か月は故障をさけてコンディションを整えることが一番大切です。そのためには自分の体を把握しなくてはいけません。ぜひ焦る気持ちを抑えて、思い切ってインターバルを取ってみてください。

 

もし、自分一人ではどれくらいインターバルを取ればいいか分からない。個人的にアドバイスして欲しいというのであれば、一度セミナーに来てみてください。あなたが、残り1か月半でベストの状態にできるようにアドバイスことをお約束します!!

(名古屋セミナー風景1)

(名古屋セミナー風景2)

 

是非あなたも定期セミナーに参加して、残り1か月で有効な対策のための情報を得てください!

 

セミナー詳細は以下の通りです。

 

(注)艇学DVD講座の購入者の方は「学科模擬試験」を受験できます。

4月30日名古屋会場はセミナー終了後1時間。

5月3日東京会場はセミナーの1時間前に行います。

ぜひ参加お待ちします!

 

※進行状況次第で30分程度延長する場合があります。

※各会場とも当日は15分前より受付します。時間厳守で遅刻のないようにお願い致します。

 

【日時】

《愛知会場》4月30日(日)12:00~16:30

《東京会場》5月3日(水祝日)11:00~15:00

《福岡会場》5月7日(日)10:00~14:00

※進行状況次第で30分程度延長する場合があります。

※各会場とも当日は15分前より受付します。時間厳守で遅刻のないようにお願い致します。

 

【場所】
《愛知会場》

愛知県名古屋市中区金山1−5−1

日本特殊陶業市民会館3階 第2会議室

 

《東京会場》

東京都大田区大森本町1-8-18大岩商会ビル2F

艇学スクール東京校

 

《福岡会場》

福岡県筑紫野市針摺西1-7-7関ビル2階1-7-7関ビル2階

艇学スクール福岡校

 

【講師】

《愛知会場》

松谷秀己(東京ビジョン講師)

川村健介(東京校フィジカル講師)

 

《東京会場》

松谷秀己(東京ビジョン講師)

川村健介(東京校フィジカル講師)

徳永昌也(東京校トレーナー)

 

《福岡会場》

土井雅広(福岡校ビジョン講師)

辻洋介(福岡校フィジカル講師)

片岡直樹(福岡校トレーナー)

 

【定員】

《愛知・東京会場》20名程度

《福岡会場》各15名程度

※先着順で定員になりしだい終了致します。申込みが来た順に管理しますので、先着に漏れた受験生は申し訳ありませんが参加できませんのでお早めにお願いします。

 

【セミナー内容】

学科実力模擬試験

1次体力試験各項目測定と艇学グループ算出の合格診断(過去の成績と比較)

筋力・パワー系(握力・背筋)トレーニングメニューの実践

柔軟系(前屈・上体反らし)トレーニングメニューの実践

瞬発系(垂直跳び)トレーニングメニューの実践

体重管理の基礎知識

2次適性試験筆記項目模擬テスト

全身反応の攻略

ビジョントレーニングとレベルチェック

各種目の個別目標設定

※愛知会場は1次対策中心の内容となります。1次だけではなく2次対策もご希望の方は東京・福岡会場を申込ください。

 

【受講料】

15,000円

★DVD講座正規購入者割引価格★

10,000円

 

※申込みフォーム内にある“艇学DVD講座購入状況”にてお知らせください。

※申込み者氏名等よりDVD講座購入履歴を確認致します。

※購入履歴が確認出来ない場合、割引対象外とさせて頂きます。

 

お支払い方法につきましては、※銀行振込とさせて頂きます。

下記参加申し込みフォームへ必要事項を記入の上、お申込みください。

参加申込後、自動返信メールで振込先をお知らせします。

 

【受付方法】

下記、申込みフォームより、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

《愛知・東京参加申込みフォーム》

http://my.formman.com/form/pc/Dho5E5iz2vwVeaaY/

※会場をご確認下さい!

 

《福岡参加申込みフォーム》

https://pro.form-mailer.jp/fms/ffba7aa890356

※会場をご確認下さい!


松谷