「握力を鍛えたければこれをやれ!」

こんにちは!福岡校体力講師の辻です。

握力を鍛えたければこれをやれ!
それは・・・

グリッパーです♪

「もうやってるわ!」
とツッコミが入りそうですけど、ぶっちゃけグリッパーほど手軽に握力を強化できるものはないです。

ちなみに何キロのグリッパーでトレーニングしていますか?

まさか、30㎏や40㎏のグリッパーじゃないですよね?
あ、男子の話ね。

合格を目指す為に必要な握力は50㎏以上欲しいところ。

そんな中、40㎏のグリッパーで50㎏の握力がつくと思いますか?

実際にはつきません。。。
いや、つく可能性はちょっとあるけど、それは握るという神経の働きが良くなって若干握力が上がったという反応なのです。
もしくは、握力計の握り方が良かっただけです。

ちょっとよく考えて欲しいんですけど、50㎏以上の力が必要なのに、40㎏を扱うって何かおかしいと思いませんか?

握る力を50㎏以上欲しいのです。
その為には、握る力を50㎏以上の経験を手の平に与える必要があるのです。

50㎏以上の力を与えると、脳が「なんて強い力なんだ!!」と思って、

「よし!それに耐えられる力をつけよう!」という反応を起こします。

これが筋力アップです。
だから、50㎏以上の握力が欲しければ、50㎏以上のグリッパーが必要なのです。

推奨するグリッパーの重さは60㎏です。
もっと重くても構いません。
私自身、握力のトレーニングする時は88㎏のグリッパーを使用しています。

ひとつ問題点があります。
自分の握力以上のグリッパーを使用すると、しっかり握れないという状況が起こります。
当たり前ですが・・・(笑)

そんな時はどうするのか?
それは、両手を使うことです。
両手を使って、グリッパーの端と端をくっつけるようにします。
意地でもくっつけてください(笑)

そうすると、一気に弾かれます(笑)
当然ながら48㎏しかないとして、60㎏の負荷を手に与えると手の平が負けることは当然です。
強くなるには、この弾かれる力を与えることが、めちゃくちゃ大事なんですよ。

この弾かれる方法を、1回~3回行います。
これが1セットとカウントします。
3~5セット行うと良いです。
この方法を1日の中に、1回~3回行うといいですよ!

この方法をやれば100%握力が向上します。
間違いないです!


今回お伝えした方法を基本として、回数を反復することもバリエーションのひとつとして行っても良いです。

グリッパーの端と端をカチカチ合わせ、8回~15回以内で限界を作って下さい。
限界というのは、端と端がくっつかなくなった状態です。
この方法を3~5セット行うと良いです。

握る回数を100回繰り返す。
という方法をやっている人がたまにいますが、回数多ければ握力が向上するものではありません。100回という回数は、力をアップするというより、筋肉の持久力をあげることに繋がっています。ここをよく勘違いしている人が多いので、知識としてしっておいてください。

何キロのグリッパーを選んでいいのかわからない人へ。
男子
現在の握力:推奨するグリッパー
30㎏:45㎏
40㎏:55㎏
50㎏:60㎏
55㎏:70㎏

女子
現在の握力:推奨するグリッパー
20㎏:30㎏
30㎏:40㎏
40㎏;50㎏

しっかりグリッパーのトレーニングを行って、ゴリラのような握力を手に入れよう!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。