やまと学校に合格するための4つのポイント

合格するために4つの押さえるべきこと

ここでは、試験に合格するために最低押さえておかなければならない4つのことを紹介します。
なかなか合格者できない人の原因は、下記で紹介する4つのことをしっかりと押さえていないからだともいえます。
これから受験を頑張るあなたには、この4つをしっかりと押さえることをオススメします。

① 過去の試験内容は分析できているか?

ボートレーサー試験に限らず、試験対策で一番大切なことは、過去の試験傾向、試験内容、採点方法、合格基準、などの過去のデータをしっかりと把握することです。
そして、これをしっかりと分析することがまず最初にしなければいけないことです。

ここを押さえていないで、がむしゃらに努力して不合格を続ける人がよくいます。
特にボートレーサー試験は情報が少ないため、そういった受験生がよく見受けられるが事実です。

だからこそ、ここをしっかりと押さえているだけで合格への距離は一気に縮まるともいえます。
しっかりと過去の情報を収集して下さい。

過去の情報はこちら

② その対策方法は効果あるか?

ボートレーサー試験の傾向として、不合格になっても何度も受験する方が多くいます。

  その一方で、初受験で1発で合格する方もいます。

この違いは、何なのでしょうか?

実は、この違いは、対策方法によって生まれている場合が多いのです。
  効果の出ない対策方法をやっている受験生が極端に多いのが、このボートレーサー試験の現状です。

だからこそ、確実に効果の出る効率的な対策方法をすれば、他の受験生と圧倒的な差が付けられるのです。
効果の出ない対策をしている人は、複数回受験していても、なかなか点数が伸びないため、不合格になることが多いのです。

実際に、効果の出る対策をしている方は、短期間で1発合格をしている方がたくさんいます。しっかりと効果が出る対策をすれば、短期間で合格することが可能な試験です。

効果の出る対策情報はこちら

③ 継続的に取り組んでいるか?

合格する気持ちが強い受験生ほど、熱くなって試験対策を一気にやる傾向にあります。
しかし、そのモチベーションは続かず、途中で疲れたり、気分が乗らなかったり、焦ったりして、なかなか試験対策に集中できない人が多くいます。

試験では、「継続的に対策をする」ことが非常に大切になってきます。
合格は一朝一夕では掴めません。

特にボートレーサー試験では、パワー系の体力試験や、動体視力などのビジョン試験では、最低でも3ヶ月以上は対策を毎日継続する必要があります。事情で、毎日できないのなら、4ヶ月、5ヶ月という試験対策期間が必要となります。

こういった試験対策の日々の継続こそが効率的に合格へ導くことができるのです。
この継続力があるだけで、試験に合格する確率は非常に高くなります。

継続的に対策するならこちら

④ 信頼できる情報を得ているか?

試験対策をする上で、試験対策情報が間違っていたら、効果の出る対策が出来る訳がありません。
  特にボートレーサー試験に限ってはその傾向が非常に多くあります。
情報を得るときの一番気をつけてほしいことは、

・「その情報は信用できる人が書いた情報か?」
・「その試験情報は実際に試験を知っている人の情報か?」
・「その合格対策情報は実際に合格した人の情報か?」

などをしっかりと押さえて、対策をしていくことをオススメします。
  試験対策の基礎となる、情報収集が正しくなかったら、もちろん合格は遠ざかります。インターネット等の普及で多くの情報が簡単に手に入るようになった今だからこそ、正しい情報収集を行なって下さい。

正しい試験対策情報はこちら

無料!!艇学メルマガはこちら

艇学の合格指導

艇学の講師陣

ボートレーサー試験について

受験生へのお役立ち情報

PAGE TOP