よくある質問

DVD講座について

DVD講座を買いたいのですがどうすればよいですか?

こちらのページを参照して下さい。⇒ http://teigaku-kyotei.com/dvd/

DVD講座の内容を教えて下さい。

こちらのページを参照して下さい。⇒ http://teigaku-kyotei.com/dvd/

通学について

スクールに通学したいのですがどうしたらいいでしょうか?

スクール生募集期間にお申込み下さい。奇数期は12月頃より、偶数期は6月頃より受付を開始致します。

スクールへの入学の予約は出来ますか?

予約は出来ませんが、早くからお問合せいただいている方は、やる気のある方だと思います。先行して募集メール案内をさせて頂きます。

2ヶ月間しか通学する事が出来ませんが、入学する事は可能でしょうか?

申し訳ありません。5ヶ月間継続して通学頂ける方を優先させて頂きます。

まだ受験資格がありませんが入学出来ますか?

はい、出来ます。体重管理や視力矯正など指導いたします。

体力試験の為だけの対策をしたいのですが?

フィジカル校で個別指導を受けてください。

適性試験の為だけの対策をしたいのですが?

ビジョン校で個別指導を受けてください。

学科試験の為だけの対策をしたいのですが?

テキストを購入後、学科強化指導を受けてください。

セミナーについて

毎月行われている、定期セミナーへ毎回参加したいのですが、どうしたら良いでしょうか?

定期セミナーの募集は、セミナー開催日の約1週間前にメルマガにて募集を行います。お手数ですが、毎回専用申込みフォームよりお申込み下さい。

まだ受験はしませんが、セミナーへの参加は出来ますか?

はい、出来ます。自身の実力を確かめ、試験に向けての目標を見つけて下さい。

毎月行っているセミナーの内容は毎回同じでしょうか?

いいえ、違います。試験項目も多岐にわたります、いくつかの試験項目を順にお伝えし、対策方法を指導致します。

メルマガについて

メルマガが届かないのですがどうしたらよいですか?

メルマガが届かない原因は2つあります。1つは発行メールアドレス(goukaku@teigaku-kyotei.com)をなんらかのカタチで拒否設定していてメルマガが届かないパターン。

2つ目は迷惑メールボックスに入ってしまって見ていないパータンです。メルマガが届かない人は対応をお願いします。

視力について

視力に問題があります。受験できるでしょうか?

やまと学校が毎期発行する募集要項の受験資格欄に視力の条件があります。

120-121期のものは 「両眼とも裸眼で0.8以上(コンタクト・フェイキックIOLr有水晶体内レンズ」手術は不可)」 が条件でした。この条件をクリアしていれば受験はできます。

色弱があります。受験できるでしょうか?

募集要項には「強度の色弱でないこと」とあります。 色弱には人により程度があり、比較的低度の色弱の方なら合格している例もあります。

眼が悪いです。受験する方法はありますか?

やまと学校の受験資格で認められているのはレーシックのみです。

レーシック手術を行える眼科で、レーシック適性検診が受けられます。通常5000円程度です。 できれば手術実績がある程度豊富な眼科で、レーシック適性検診を受けてください。

一生のことなので、手間を惜しまないなら複数の医療機関で検診を受けて

診断内容
手術の提案内容
価格

を比較しご自身(未成年の場合は保護者の方とも相談)で判断されることをお勧めします。

眼の疾病の疑いがあります。受験できるでしょうか?

まずは眼科で検診をお勧めします。

日常生活で不便がなくとも、まれに進行性の疾病の方がいます。 そのようなケースは医療機関でないと判断できません。 もし合格・卒業し選手になってもレースの安全上問題が出るほど疾病が進んだ場合、最悪は選手登録を取り消される場合があります。

やまと学校の入試で眼の検査が厳重な本当の理由は、レースの安全確保のためです。 眼科の専門的な検診の結果、ご自身(未成年の場合は保護者の方とも相談)で判断してください。

レーシック手術を受けました。1.0以上になりました。これで合格大丈夫ですか?

レーシック手術しても、初期は充分な視力が出ない場合があります。 そのまま放置していると、不十分な視力のまま固まる場合があります。 基本的に、レーシックは静止視力(止まっている壁・看板などを見ること)の改善に有効な方法です。

しかしながら注意するべきは、ボートレーサーで好成績を挙げるポイントが 静止視力+動体視力(動いている対象を見る能力)だということです。 やまと学校での適性試験(ビジョン能力をはかる試験)で これでもか!というくらいに検査されるのは動体視力の成績です。

動体視力の能力向上には、ビジョントレーニングがお勧めです。 ビジョントレーニングを日常的に行わないと、レーシックしても静止視力・動体視力とも 合格に必要なレベルになりません。 ボートレーサー試験に必要なビジョントレーニングの方法は 艇学のテキストDVD適性編に詳細な説明とトレーニング映像があります。 ぜひ対策の参考にしてください。

市販パソコンソフトやDSの動体視力向上ソフトってどうですか?

対象となる人の職業が違います。 一般で広まっている視力向上パソコンソフトやDS・スマホアプリは ほとんどの場合、毎日デスクワークをしている方が対象です。 そのような職種の方は、常に見ている範囲は目の前の狭いパソコン画面だけです。 目の前の狭いパソコン画面を丸一日見ていて 眼精疲労や視力低下が起きている状況を癒すのが それらのソフトの一番の目的です。

ところが、皆さんが目指しているボートレーサーという職種は、目の前180度全部の見えることを一瞬で的確・正確に見て判断できないと成績が上げられない仕事です。 だから狭い画面でトレーニングすることは無意味です。 自分の眼を縛るトレーニングではなく 目の前全体を、正確に把握できるトレーニングを行うことをお勧めします。 具体的には眼と手を使ったビジョントレーニングが一番ボートレーサーによいトレーニングです。

ボートレーサー試験に必要なビジョントレーニングの方法は 艇学のテキストDVD適性編に詳細な説明とトレーニング映像があります。 ぜひ対策の参考にしてください。

無料!!艇学メルマガはこちら

艇学の合格指導

艇学の講師陣

ボートレーサー試験について

受験生へのお役立ち情報

PAGE TOP