「本番のプレッシャーを軽減するメンタルマネジメント手法」

こんにちは、
艇学スクール福岡校のメンタル講義を担当する
メンタルコーチ池です。

ボートレーサー養成訓練入所の1次試験が
迫ってきましたね!

受講が初回の方は
はじめてだからこそ感じる緊張感を、
二度目以上の方は
複数回だからこそ感じる緊張感を
じわじわと感じていることだと思います。

ちなみにですが、
あなたは試験前や試合前の
プレッシャーに強いと感じますか?

この本番での緊張やプレッシャーを
どうにかしたいという相談はとても多いです。

日常的にもSNSを通して多くのスポーツ選手
からご質問、ご相談を多いときでは
一日に数件、受けます。

ゴルファー、陸上選手、テニス選手、野球選手、バドミントン選手、
プロボーラー、サッカー選手、格闘技の選手、、、

実際の相談はこのようなものです。

・大事な場面でミスをしてしまう
・プレッシャーに弱い気がする
・重要な試合になるとパフォーマンスが出せない
・どうすれば緊張をほぐせるのか

というような一言で言えば
「感情コントロールがうまくいかない」
ということです。

今日はこの部分で参考になるような
お話ができればと思います。


まず理解すべきこととして、

私たちは「重要だと認識する行動」を
とるときは基本的に緊張するという事実です。

□勝てば〇〇、負ければ△△という試合
(勝てば全国、負ければ降格など)

□重要なワンプレー

□入学試験・就職試験での面接

□目上の人や自分よりレベルの高い人に
はじめて会って話しをするとき

このようにあなたが
「重要だと認識する行動」
を取るとき緊張・プレッシャーは
大きくなるのです。

しかし、そのような場面でも
あわてずにいつも通りの心理状態で
行動(プレー)することができる人もいます。

できない自分からしたら不思議ですよね?
私もプレッシャーを感じるタイプだったので
とても分かります。

あわてずにいつも通りの心理状態で
行動(プレー)することができる人は
どのようにして感情をコントロール
できてしまっているのでしょうか?

1つの答えは「ニュートラル」です。

プレッシャーをプレッシャーと感じていない人は
常に「ニュートラル」に自分を保っています。

ニュートラルの意味は
「いずれにも偏らない様子、中立的であること、
中間的であること」です。

今の自分は自分以下でも自分以上でもない
ということを認めている状態、

それが心理的にいう「ニュートラル」です。
要はかざっていない状態ですね。

例えば、試験前や面接前、
当然合格したいので
ニュートラルではなくなるという学生さんがいたとします。

・混乱したらどうしよう…
・また前の試験(面接)みたいに
ミスしたら…
・もし、受からなかったら…
・苦手な部分が出たらどうしよう…
・もう少し勉強しておけば良かった…

と思ってしまう。

その思考はわかるのですが
本質は

「やってきた勉強を信じて
ひとつひとつ問題を集中してとく」

「面接の準備を信じて質問されたことに
対して自分らしく答えるこに集中する」

というように「今」にフォーカスすることです。

過去のミスや
未来の不安や
他人の評価

それは自分のコントロール外ですし、
そこにフォーカスすると
「今」の集中を邪魔してしまいます。

過去のミスを消すことも
未来の結果を予言することも
他人の性格などをかえることも
できません。

「今」自分ができることに目を向け、
ただ、ただ、ニュートラルにいく。

自分らしく、思い切りチャレンジして
ミスしたら、それはしょうがないですよね?

日本サッカー界のレジェンドである
中田英寿氏はある対談で
次のようなことを言っていました。

インタビューアー:
「ワールドカップの最終予選での
プレッシャーはすさまじかったのでは
ないでしょうか?」

中田氏:
「いや、なかったですね~
勝ったらどうとか、負けたらどうとか
試合前に考えてもわかりませんからね(笑)
考えてもしょうがないことは考えませんよ。
だから、緊張はしなかったですね。」

「ニュートラル」とはまさしく
このような状態ですね。

もちろん、今日の記事を見たから
いきなりニュートラルにはなれない
かもしれません。

しかし、「ニュートラル」を意識することで
いつもよりプレッシャーや緊張に
対処できることが増えるはずです。

ぜひ、少しでも「ニュートラルな自分」で
本番にのぞんでくださいね。

かざることなく、自分らしく
今できることにフォーカスする。

これですね!

ぜひ最後までやり切って
最高の準備のもと本番へ向かいましょう♪

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

国語の傾向とポイント「高得点を狙うなら国語のここをやれ!」

こんにちは。艇学スクール福岡校で学科講師を担当している柿本です。
今日は国語についてお話をします。

国語は大きく分けて
〇漢字
〇ことわざ・慣用句・四字熟語・故事成語・語句の意味
〇文法
〇敬語
〇文学史
などがあります。
文学史は最近では出題されていませんね!

☆漢字について
読みと書きどちらとも出されます。
難易度は漢検3級程度になります。
例)作戦をねる→練る

☆ことわざなどについて
高校受験用の参考書に載っているものを覚えましょう。

☆文法
文節・単語分け
品詞の識別
動詞の活用など

☆敬語
尊敬・丁寧・謙譲語にどんなものがあるか覚える。
例)見るの尊敬→ご覧になる
見るの謙譲→拝見する

あと試験日まであとわずかになってきました。
学科で合格点を取るためにどうすれば良いか?

限られた時間しかありませんので、優先順位をつけて勉強の計画を立てましょう。
そう考えると国語は時間に対して成績上昇は比較的緩やかな教科です。
なぜなら漢字やことわざなどは覚える量が多く文法は難しいからです。

それでも国語の点数を上げたいのなら、まずは敬語から手をつけましょう。
敬語は毎回出題があり、覚える内容も少ないからです。

もし他の教科にも弱点があるのならそちらを優先した方がよいかもしれませんよ。。。
効率の良い勉強をして合格を掴み取ってください!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

「握力を鍛えたければこれをやれ!」

こんにちは!福岡校体力講師の辻です。

握力を鍛えたければこれをやれ!
それは・・・

グリッパーです♪

「もうやってるわ!」
とツッコミが入りそうですけど、ぶっちゃけグリッパーほど手軽に握力を強化できるものはないです。

ちなみに何キロのグリッパーでトレーニングしていますか?

まさか、30㎏や40㎏のグリッパーじゃないですよね?
あ、男子の話ね。

合格を目指す為に必要な握力は50㎏以上欲しいところ。

そんな中、40㎏のグリッパーで50㎏の握力がつくと思いますか?

実際にはつきません。。。
いや、つく可能性はちょっとあるけど、それは握るという神経の働きが良くなって若干握力が上がったという反応なのです。
もしくは、握力計の握り方が良かっただけです。

ちょっとよく考えて欲しいんですけど、50㎏以上の力が必要なのに、40㎏を扱うって何かおかしいと思いませんか?

握る力を50㎏以上欲しいのです。
その為には、握る力を50㎏以上の経験を手の平に与える必要があるのです。

50㎏以上の力を与えると、脳が「なんて強い力なんだ!!」と思って、

「よし!それに耐えられる力をつけよう!」という反応を起こします。

これが筋力アップです。
だから、50㎏以上の握力が欲しければ、50㎏以上のグリッパーが必要なのです。

推奨するグリッパーの重さは60㎏です。
もっと重くても構いません。
私自身、握力のトレーニングする時は88㎏のグリッパーを使用しています。

ひとつ問題点があります。
自分の握力以上のグリッパーを使用すると、しっかり握れないという状況が起こります。
当たり前ですが・・・(笑)

そんな時はどうするのか?
それは、両手を使うことです。
両手を使って、グリッパーの端と端をくっつけるようにします。
意地でもくっつけてください(笑)

そうすると、一気に弾かれます(笑)
当然ながら48㎏しかないとして、60㎏の負荷を手に与えると手の平が負けることは当然です。
強くなるには、この弾かれる力を与えることが、めちゃくちゃ大事なんですよ。

この弾かれる方法を、1回~3回行います。
これが1セットとカウントします。
3~5セット行うと良いです。
この方法を1日の中に、1回~3回行うといいですよ!

この方法をやれば100%握力が向上します。
間違いないです!


今回お伝えした方法を基本として、回数を反復することもバリエーションのひとつとして行っても良いです。

グリッパーの端と端をカチカチ合わせ、8回~15回以内で限界を作って下さい。
限界というのは、端と端がくっつかなくなった状態です。
この方法を3~5セット行うと良いです。

握る回数を100回繰り返す。
という方法をやっている人がたまにいますが、回数多ければ握力が向上するものではありません。100回という回数は、力をアップするというより、筋肉の持久力をあげることに繋がっています。ここをよく勘違いしている人が多いので、知識としてしっておいてください。

何キロのグリッパーを選んでいいのかわからない人へ。
男子
現在の握力:推奨するグリッパー
30㎏:45㎏
40㎏:55㎏
50㎏:60㎏
55㎏:70㎏

女子
現在の握力:推奨するグリッパー
20㎏:30㎏
30㎏:40㎏
40㎏;50㎏

しっかりグリッパーのトレーニングを行って、ゴリラのような握力を手に入れよう!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「作文はあなたをアピールする為のもの。考え方を伝える重要な試験です。」

こんにちは。
艇学スクール福岡校で人物試験対策の講師をしている栗原です。

127期の一次試験まで1ヶ月を切りましたが、試験対策は順調でしょうか?
まずは、学科試験、体力試験で十分な力が発揮できるように頑張りましょう。

4月に入ってから1週間に4~5名のスクール生が勉強に来るようになりました。自己分析がなかなか進まずに苦労しているみたいですが、作文で良い評価をもらうためには自己分析が不可欠です。
作文試験の用紙には、「志望動機」「長所」「短所」の記入欄があります。その為、自分の良いところや駄目なところを考えて、ノートに書き出して準備しておくことが大切です。
また、ボートレーサーになりたい理由(志望動機)も明確にしておかなければなりません。
自分一人ではなかなか自己分析が出来ないこともありますので、その時は親や知人を頼ってみましょう。


さて、今回は作文の書き方についてお話ししたいと思います。
まず、作文を書くときにはルールがありますので、必要なことをいくつかお伝えしておきます。

 ①文字はを込めて丁寧に書いてください。
これは履歴書の書き方でもお伝えしていますが、字の上手い下手は関係ありませんの  で、丁寧に書くことを心がけましょう。履歴書を書くときには時間が十分あったと思いま すが、作文の試験時間は短いので、早く丁寧に書く練習も必要です⌛

漢字送り仮名の間違いに注意しましょう。
普段は書けていると思っている漢字でも、間違って覚えている場合があります(送り仮 名の付け方でも同じことが言えます)。
例えば、作文の添削をしていて意外と間違っているのは「友達」「礼儀」「成績」など です。「達」のつくりの部分が「幸」になっていたり、「儀」に人偏(にんべん)が付いて いなかったり、「績」が「積」になったりしています。スポーツをやってきたので「礼  儀」が身に付いていることを証明しようとしても、「礼義」と書いてしまっては、本当に 身に付いているのかを疑われてしまいます。
送り仮名についても、もう一度チェックしておく必要がありますね。
また、漢字は楷書(字画を崩さないで、きちんと書く書き方)で書くようにしてくださ  い。

 ③余白を多くしないでください。
余白が多いと、ボートレーサーになって活躍したいという意欲が乏しいと思われます。 指定された用紙や文字数の90%は埋めてしまうようにしましょう!

段落を使って書いてください。
小学校で習ったと思いますが、各段落の文章の書き出しは1文字分だけ空けるようにし てください。
また、文章の内容が変わったら、改行することも忘れないようにしましょう。

読み手を意識して書いてください。
養成所であなた方の作文を読む人は、これまでお世話になった学校の先生ではなく、見 ず知らずの試験官です。厳しい目で作文の採点をしますので、「甘くない」という意識を 強く持って作文試験に臨んでください。

この他にも、「学生言葉」「流行り言葉」「話し言葉」「略語」を使わない、文末処理で「です・ます調」と「だ・である調」を混ぜて使わない、「思います」「おもいました」「考えます」「考えました」を多用しない、などのルールもありますので注意しておきましょう。

さらに、作文にはあなたの考え方と経験談を盛り込む必要があります。
これまでにどのような経験をしてきたのかを具体的に書き、どのような考え方が出来るようになったのか、何が身に付いたのかをしっかりとアピールしてください。

自己アピールの為に書いた作文を添削しているときによくあるのが、いきなり短所を書いて、その後に自分の良さを証明するやり方です(自分には悪いところがあったのだが、ここまで良くなることが出来た、という書き方)。しかし、二次試験で書かなければならない作文はあくまでも自己アピールする為のものですから、聞かれてもいないのに短所を書く必要はありません。自分の良いところだけをしっかりとアピールする作文にしてください。

作文は一朝一夕で書けるようになるものではありませんから、何度も練習しておく必要があります。人から書き方を習うことも大切ですが、「習うより慣れろ」という諺(ことわざ)があるように、実践することが大事です。
また、書いてみた作文は、きちんと書けているかどうかを専門家にチェックしてもらうことも必要です。

面接試験で自分の良いところや熱意を伝えて合格を勝ち取るためにも、二次試験でしっかりとした作文を書けるようになってください!!

「プロスポーツ選手なら絶対重要!周辺視野の鍛え方」

こんにちは、東京校代表の松谷です。今回の記事では、二次適性試験で重要なポイントとなる周辺視野能力についての解説と、自宅でできるトレーニング方法をご紹介します。地道なトレーニングですが毎日習慣にしてしまえば、二次試験でライバルに大きな差をつけられます。選手になってからも、あなたの選手としての実力UPに必ず役に立つでしょう。ぜひ今回の記事を参考にして毎日トレーニングしてください。

【周辺視野ってなに?】

周辺視野とは、真正面に目を向けている時に真右・真左・足元・など目を向けている方向の周囲を見る能力のことを言います。

ふつう目を向けている方向(これを中心視野といいます)は誰でもしっかり見えます。ところが目を向けている方向から少し角度がずれた方向になると、とたんに全然見えなくなる人がいます。こういう人は「周辺視野能力が低い人」となります。簡単に言うと「周りが見えていない人」のことです。

それとは逆に、目を向けている方向以外もしっかり見える人もいます。たとえば授業中、先生が黒板に何か書きながら話をしているのを見て、視線を先生にむけたまま右の席に座っている友達が教科書で隠して弁当を食べているのがわかる・・という人です。そのような見方ができる人が「周辺視野能力が高い人」と呼ばれます。


図1.目を向けた方向以外を見る(=周辺視野で見る)

 

【なぜスポーツ選手は周辺視野能力が必要なの?】

スポーツ選手で成績を挙げる人は「周辺視野能力が高い人」です。どうしてそうなるのか?をサッカーのゲームを例にして説明します。

あなたは今、サッカーの試合に出場しています。遠くからボールをもった相手チームの選手が走って、ぐんぐんあなたの目の前に近づいてきます。

もしあなたが、その選手一人だけをマークすればいいならば、ボールを持っているその選手だけ見ていれば済みます。だけど試合で相手を封じるには、ボールを持っている相手一人だけを見ていると不意を突かれて失敗することがよくあります。ボールを持つ選手だけではなくパスを待っている相手チームの他の選手や、味方の配置・守備体制・選手の位置・距離も掴んでいないと良いプレーができないですよね。

このような状況で目の前の人に注目しつつ、同時に他の選手の様子や動きも目の隅でチェックして把握できている・・このような見方ができる選手がゲームを支配できる優秀な選手となります。

一人だけを注目して見る・・ということをするとき、あなたの目は次の図のようになっています。真正面をまっすぐ見ている状態ですね。


図2.真正面を向いて左右(周囲)も見えるのが良い選手

この目の向きで、左右・周囲の様子が把握できるのが良い選手になる人です。この場合、はっきりクッキリ見えてなくても大丈夫。人がそこにいる・・左に走り出した!・・止まった!・・というのがわかれば良いのです。これが良い選手となる人の見え方です。

ボートレーサーもプロスポーツ選手です。それも非常に高速なレース展開で、周囲の状況を把握して判断することを要求されるスポーツ選手です。ボートレーサー試験で周辺視野能力を検査されるのは必然と言えます。

 

【ボートレーサー試験ではどう検査するの?】

「周辺視野能力検査」の内容とトレーニング方法をご紹介していきます。


図3.周辺視野検査(目と手の協応動作)

上の図が「周辺視野能力検査」の様子です。

壁に立てかけられた赤黒い板に、碁盤の目のように格子があり赤く光ります。光る部分(赤い玉)は上下左右に飛んで動きます。かなり早い速度で赤い玉は動き回ります。その光った玉を指で押していき、一定時間で何回押せたかを数える検査です。

まず検査開始時、この赤黒い板の前に立ったとき、全面を目を動かさずに一目で視野に入れることが最初の第一歩となります。赤黒い板の真ん中付近だけ注目して、端の方が見えないままだと、左端から右端へ光の玉が動いた際に、途中で玉を見失ってしまいまったく押すことができなくなります。それは低得点の人が陥りやすいミスです。そうならないためには、日ごろから一目で見える範囲を広げ、周辺視野を鍛えておくことが重要です。

 

【周辺視野を鍛えるトレーニング】

周辺視野を鍛える具体的なトレーニングをご紹介します。


図4.周辺視野トレーニング(壁ポスター)

上の図のように、壁にポスター等の印刷物を貼ります。中心に点など印をつけます。その印の方向に目を向けて動かさない状態で、なるべく中心部分から遠くの印字を読んでいきます。

この場合、ポスターの端へ目を向けて読んではいけません。あくまで目の方向は中心の印に向け左右や上下には動かさない。コツとしては、できるだけ目を見開いて(目玉を大きく開ける)じっと見ます。そのうち、中心から少しずつ広い範囲で文字が読めるようになっていきます。クッキングタイマーなどで1~3分間、時間経過したらピッピッピッと鳴るようにして行うとよいです。毎日1回やるだけで、1か月するとかなり広く見えるようになります。

この試験の対策としては、動いている赤い玉を正確に目で追えると、さらに試験では有利になります。正確に目で追うためには、目を前後左右に素早く動かすトレーニングを行うことが有効です。そのために有効なトレーニングは「指サッカード」です。これは以前に配信したブログ記事で解説しているので、バックナンバーを参照ください。
https://bit.ly/2S3MdYm

いよいよ試験本番まで1か月となりました。ライバルよりも充実した対策を積んで今期合格を勝ち取ってください!

☆☆☆☆(東京・愛知・大阪・岡山・福岡)127期試験対策セミナー☆☆☆☆
艇学セミナーで対策チェックをしましょう!
一次試験前、最後のセミナー予定は以下の通りです。

【直近の予定】
4月:
《岡山会場》4月28日(日)12:00~17:00
《大阪会場》4月29日(日)11:00~16:00

5月:
《福岡会場》5月05日(日)10:00~15:00
《愛知会場》5月05日(日)14:00~19:00
《東京会場》5月12日(日)12:00~17:00

【一般受講料】
25,000円 基礎対策セミナー+追加適性セミナー
15,000円 基礎対策セミナー

★DVD講座正規購入者割引価格★
15,000円 基礎対策セミナー+追加適性セミナー
10,000円 基礎対策セミナー

【受付方法】
下記、申込みフォームより、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。
《岡山参加申込みフォーム》
http://scene-ex.jp/L2746/b405/12831

《大阪参加申込みフォーム》
http://scene-ex.jp/L2746/b405/22831

《愛知参加申込みフォーム》
http://scene-ex.jp/L2746/b405/32831

《福岡参加申込みフォーム》
http://scene-ex.jp/L2746/b405/42831

《東京参加申込みフォーム》
http://scene-ex.jp/L2746/b405/52831