面接試験の落とし穴

こんにちは!ビジョン東京の松谷です。

願書提出の締切日になりました。あなたはもう提出されましたか?

これはあまり知られていないことですが・・
願書を提出する前に、必ずやっておいたほうが良いことがあります。

それは
「提出する願書の、コピーをとって手元に残しておく」
ということです。

どういうことか?というと
願書がポイントとなるのは3次試験の面接です。

面接の時、

面接官の机の上には、あなたが提出した願書があります。

面接官は、あなたが書いた

「スポーツ暦・学歴・職歴・・」

「志望動機」

を見ながら、あなたに質問します。

時には、カナリ厳しい質問を投げかけられることもあります。

もしあなたが志望動機に

「お金がほしいから!」

と書いたとして

面接で、そのことを忘れていて

「僕はお金ではなく、スポーツ選手のかっこよさにひかれて応募しました!」

と言ってしまったなら


面接官は目の前のあなたの願書を見て

「その時々で、いきあたりばったりのことを言うチャランポランなやつ!」

と悪い印象を受けるかもしれませんよね?


面接の時あなたは

自分自身が3ヶ月前に書いた自分の願書を見ることができないが

目の前の、面接官の机の上には自分の願書がある。


3次の面接試験で、必ずこのシチュエーションが来ます!

だから

前もってそのシチュエーションの準備のため、あなたの手元にコピーを残しておく。

一次試験を通過したら

そのコピーの記載内容を元に面接の受け答えをしっかり話す準備をする。

・・その準備のため、今からコピーを残しておいたほうが良いのです。


もしあなたが
「やっべ~俺、そんなの知らずにもう出しちゃったよ!・・ピンチ!」

と思ったなら

今すぐ、まだ覚えているうちに

書いた内容をノートに書き出しておきましょう。


勝利をつかむ人は、圧倒的に準備をメンドくさがらない。

 ・今できる範囲で先読みする
 ・今できる範囲で行動と実践をスグやる

これが勝てる人になるための道ですよ!

1次試験対策も、同じこと。

願書を出した後、これからが1次試験対策の本番です。

あなたは、これから1次試験までの2ヶ月間

どのようにして対策を充実させますか?

 ・今できる範囲で先読みする
 ・今できる範囲で行動と実践をすぐやる

この2点をしっかり守って
あと2ヶ月の対策を、効果のある2ヶ月にしてください!


あなたがもし

・試験知識が少なく、ぜんぜん先が読めない
・どう行動、実践すればよいかわからない
・このままの対策でよいのか?自信がない
・自分の実力を他の受験生と比較チェックしたい

と考えているなら
艇学の定期セミナーに参加されることをお勧めします。


自分ひとりで考え込んでいても2ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。

先読みのための情報収集に、すぐ行動と実践をしましょう!

まだ参加されたことがない方のために

2/23(日)に艇学東京校で行われた定期セミナー(ステップ3)の様子を紹介します。


毎日のストレッチで注意するポイントを指導する川村講師:

1次試験柔軟対策の様子


効果が出るビジョントレーニングのポイント指導を行う松谷講師:
2次試験スポーツビジョン対策の様子


ステップ4のセミナーは3月後半です。
メルマガ登録していれば、募集メールが来ます。
最近は1~2日ですぐ満員になってしまいます。募集メールが来たら速攻で申込んで下さい。

東京会場でお待ちします!

 

艇学の最新情報はメルマガで→メルマガ登録




☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp
■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html
■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/
■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/
■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/
■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/
■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei
■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/