柔軟試験対策での怪我

こんにちは!フィジカル福岡の辻です。

 試験もいよいよ近くなってきましたね!対策は順調でしょうか?

 この時期で一番気をつけないといけないことがあります。

それは、怪我です。

試験が近くなってくると、やはり焦りが生じます。

そこで、無理をしてしまうと怪我を引き起こす原因になります。

怪我してしまうと、何の為にこれまで頑張ってきたのか・・・。

そんな後悔をしてほしくはありません。

万全な状態で試験に挑んでほしいと思います。

 怪我の多くは、トレーニングやストレッチで引き起こすことが多いようです。

 では、何故、怪我するのか?

 トレーニングの場合、関節や腱に負荷をかけてしまうケースの時に怪我をしやすくなります。

筋肉をしっかり使おうとするあまり、関節可動域いっぱいまで行ってしまうと、関節や腱に負荷をかけてしまいやすくなります。

何の為にトレーニングを行うのか?

それは、強くなる為ですよね!

筋力が強く発揮できる箇所に、適切な負荷を与えることがとても重要です。

ここが出来ていれば怪我をすることはありません。

ストレッチでの怪我は伸ばしすぎです。柔軟性を出そうとするあまり、痛いくらいまで無理に伸ばしてしまって、結果的に痛くなるケースを良く聞きます。

柔軟性は焦って伸ばしても柔らかくなりません。

痛みがあるということは、身体から発する危険信号です。これはトレーニングも同じことが言えます。

『トレーニングはフィジカルを向上させ、試験科目の記録向上に繋げるもの』

『柔軟性は、柔らかい体になり、柔軟性テストでの記録を向上させるもの』

この2つを念頭においてトレーニングに励んでください!

今回の対策セミナーは、福岡、大阪、岡山で開催しました。

やまと学校117期セミナー画像

半年に1回しか行くことが出来ない為、短い時間の中で出来るだけのことをお伝えしましたが、やはり時間が足りないですね・・・。

今回のセミナーで少しでも合格に近づくようにと願います。

 

岡山の会場は、まさかのローテーブル。。。まさに寺子屋のような感じでした(笑)

でも、とても綺麗な施設で静かで良い環境だったと思います。

やまと学校117期セミナー画像2

元スクール生とも会う事が出来て懐かしかったですね。

 試験も近くなりライバルの動向も気になるところだと思います。

自身の実力チェック、モチベーションの向上、対策方法を知って合格へ近付けましょう!

117期向けのセミナーは来月で終了です!

完全攻略講座DVDテキストを購入の皆さんへは、艇学グループより直接メールで学科模擬試験&セミナーの案内を差し上げています。

セミナーのみの案内に関しては、メルマガにて配信しています。

メールやメルマガをしっかりチェックしてみて下さいね!

来月も申込みが殺到すると思います。早めのお申込みをオススメ致します。

 

艇学の最新情報はメルマガで→メルマガ登録




☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp
■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html
■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/
■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/
■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/
■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/
■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei
■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/